ハヤカワ文庫<br> 大久保町の決闘―COLLECTOR’S EDITION

電子版価格 ¥604
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
大久保町の決闘―COLLECTOR’S EDITION

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 345p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150308834
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

夏休みを迎えた高校生の光則は、母の実家のある兵庫県明石市大久保町にやってきた。到着早々村安一家の暴力沙汰に巻き込まれ、ここはガンマンの町だと知るがもう遅い。巨漢の黒人ガンマンに救われ一安心するも、光則が伝説の英雄の息子だとわかり住人からは救世主扱い。一目惚れした紅葉が村安一家に誘拐され、決闘の場に赴いた彼の運命は?伝説のデビュー長篇、書き下ろし番外篇付きのディレクターズ・カット版で登場。

著者紹介

田中哲弥[タナカテツヤ]
1963年兵庫県に生まれる。1984年「朝ごはんが食べたい」で星新一ショートショートコンテスト優秀賞受賞。1987年関西学院大学大学院修士課程修了。吉本興業の台本作家となる。1991年コピーライターに転職。1993年『大久保町の決闘』で長篇デビュー。続く大久保町三部作で偏った人気を博す。1999年『やみなべの陰謀』刊行。以後、アンソロジー“異形コレクション”などに短篇を寄稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)