ハヤカワ文庫<br> ダーティペアの大復活―ダーティペア・シリーズ〈5〉

個数:
電子版価格 ¥302
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
ダーティペアの大復活―ダーティペア・シリーズ〈5〉

  • 高千穂 遙【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 早川書房(2007/01発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 20時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 330p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150308766
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

銀河系最強の美女コンビが還ってきた!冷凍睡眠に入っていたユリとケイを目覚めさせたのは、女性型バイオボーグのフローラ。二人が眠っているあいだに、世界はたいへんヤバいことになっているというのだ。起きたばかりの二人は、彼女の依頼を受けて、危機におちいったこの世界を救うために行動を開始したのだが、またもや信じられないトラブルに巻きこまれてしまう。これが、大宇宙を揺るがすダーティペアの復活劇だ。

著者等紹介

高千穂遙[タカチホハルカ]
1951年愛知県名古屋市生まれ。法政大学社会学部卒。在学中にアニメーション企画・制作会社「スタジオぬえ」を設立。1977年クラッシャージョウシリーズ『連帯惑星ピザンの危機』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サンダーバード@怪しいグルメ探検隊・隊鳥

66
銀河系最強の美女二人組が帰ってきた!前回のミッションでコールドスリープに入って宇宙を漂流することになったケイとユリ。無事救出されて目覚めたのはいいけれど、なんと150年後?人類滅亡の危機?人類を救う、そんな大事なミッションを彼女らに任せて大丈夫なの?このシリーズはストーリーもあるけど、ケイとユリ二人のキャラクターが魅力だよね。それにしてもユリが巨大ロボットアニメオタクだったとは!ダーティー・ペア改め、「無敵ロボ・ガタライガンX」でしたね。(笑)表紙に挿絵はもちろん安彦良和さん、これもまた嬉しい。★★★2016/09/06

yhirose254

6
「ダーティーペアの大跳躍」が発売されると知って調べると「大復活」、「大征服」を読んでなかった。予習のつもりで読んだけど、相変わらずのダーティーペアなのでした。アラ還の爺様で申し訳ないけど、ラブリーエンジェルと呼んであげるよ。2019/01/02

*こころ*

5
★★★★☆ 2007年発行。 積読本(購入日:2012年以前) 子供の頃に見たアニメが面白かった記憶♪ あるきっかけで、懐かしさに原作を読んでみようと買い求めたところ『大逆転』だけがなかなか見つからなくって。 ゆえに積読。 テンポのいい展開、小難しさもなくサクサクと。 ケイとユリ、そしてムギの活躍ドッカンドッカン気分爽快www 良い気分転換ができました! ユリが巨大ロボットおたくだったとは!!(爆w2017/12/11

kuma

3
コールドスリープから醒めたケイとユリ。ダーティペアの復活。いや~懐かしい文体。さくさく読めました。ユリの隠れた趣味に結構笑えました。ケイはユリに振り回され気味のこの巻。次の巻ではどうなるやら2015/04/17

maddroid02

3
前巻から153年? 人類滅亡? WWWA消滅? それでどうやって話続けるねん、と思いながら久しぶりのダーティペア。こんなお話だったかしら~。フラッシュで一度シリーズぶっ壊しをかましてるので、なにしても驚かんってのが正直なところ。ダーティペアであればあとはどうでもいいんじゃねっていう。古き良き強引さ。ちょろい。2013/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/479430

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。