ハヤカワ文庫<br> 五人姉妹

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
五人姉妹

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 372p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150307776
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

バイオ企業を率いる父によって、成長型の人工臓器を埋め込まれた葉那子には、臓器スペアとして4体のクローンが用意されていた。やがて無事に成長した彼女は、亡き父の想いをもとめ“姉妹”との面会を果たすが…クローン姉妹の複雑な心模様をつづる表題作、『永遠の森博物館惑星』の後日譚「お代は見てのお帰り」など、先端科学が生みだす心の揺れを描いた9篇。“やさしさ”と“せつなさ”の名手による珠玉の作品集。

著者等紹介

菅浩江[スガヒロエ]
1963年京都府生まれ。高校在学中の1981年、“SF宝石”誌に短篇「ブルー・フライト」を発表して作家デビュー。数年のブランクの後、1989年の第1長篇『ゆらぎの森のシエラ』で活動再開。以来、人間の普遍的な感情をこまやかな筆致で描いたSF、幻想小説で人気を集める。とくに『永遠の森博物館惑星』(ハヤカワ文庫JA)は、「ベストSF2000」国内篇第1位、星雲賞、日本推理作家協会賞を受賞と、ジャンルの枠を超えて高い評価を得た
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふりや

16
9篇の短編を収めた菅浩江さんの短編集。SF的な設定や世界観を舞台に、人間の感情の機微を描いた、優しく切ない作品が収められています。土台となる科学の発展した未来の設定も面白いのですが、菅さんはあくまでも登場人物たちの心情にスポットを当てた物語を描いており、どの作品にも心を打たれました。特に印象に残ったのは、ある事情を抱えた姉妹の交流を描いた表題作の『五人姉妹』菅さんの代表作でもある『博物館惑星』の後日譚である『お代は見てのお帰り』ネット掲示板とAIペットにまつわる事件を描いた『夜を駆けるドギー』など。2022/02/05

miroku

15
再読。感傷的叙情性という女性特有の感性とセンスオブワンダーが紡ぎ出す菅ワールドは、相変わらず優しく沁みる。2013/08/10

ひょろ

12
SF短編集。「秋祭り」「夜を駆けるドギー」「KAIGOの夜」は突き付けてくるものにぞっとする。もともと「秋祭り」と「KAIGOの夜」はホラーアンソロジーに書かれたものだからかもしれない。菅浩江し独特の優しく、柔らかなものに包まれているからなおさら。「箱の中の猫」設定的には梶尾真治作品にありそうだが、たぶん梶尾真治が書いたら結末は違ったものになっただろう。2016/02/16

四葉

11
読みやすく想像しやすい物語が多く面白かったです。革新的な技術があってもそれを使用する人間の心の余裕と成長を待たず利用した為起きた出来事等、とてもしんみりさせられつつ考えさせられます。2012/03/25

コットン

8
親しみやすいSF的短編集。物語的には『夜を駆けるドギー』またSF的雰囲気としては『ホールド・ミー・タイト』が良かった。印象に残ったことばは『お代は見てのお帰り』の「・・・彼女は美とは捨てさせる力だ、と言うんですよ。優れた芸術は人を忘我の境地に連れ込む、と・・・」2012/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/501275

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。