ハヤカワ文庫
北野勇作どうぶつ図鑑〈その3〉かえる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 107p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150307189
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

おりがみ付コンパクト文庫という形で表現。短篇20本、ショートショート12本をテーマ別に編集、全6巻に収録した。本巻には、「螺旋階段」「怖いは狐」など幻想ホラー4篇、「カエル通信システム」など「生き物カレンダー」の5月から8月を収めた。

著者等紹介

北野勇作[キタノユウサク]
1962年兵庫県生まれ。『かめくん』で第22回日本SF大賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハイランド

53
折り紙をつけて、図鑑の体裁を取りつつも、北野氏の短編集。この人はカタストロフィ、文明崩壊後の、滅びを感じさせる静かな世界を描くのが得意であるが「怖いは狐」はちょっと違ったテイストで楽しく読めた。森見登美彦の世界にも似た感じ。誰が狐か。娘か、田崎か、それとも私か。螺旋階段は不思議なサイコホラー?どうも螺旋階段というと谷山浩子を思い出してしまう。怖い、ツールなのか?カメリの世界は「かめくん」に通じる世界。北野ワールド全開!全六巻なので続きが楽しみである。2016/09/10

ぜんこう

20
「螺旋階段」「怖いは狐」の2作品は珍しく(?)マジで怖い話。「楽屋で語られた四つの話」は『ハナシをノベル!! 花見の巻』の北野さん作の落語の元になったような話。「カメリ、行列のできるケーキ屋に並ぶ」はもちろん『カメリ』で既読。「生き物カレンダー(五月~八月)」の鯉のぼりの話は好きなパターン・・・会社から帰ってきたら部屋に鯉のぼりがいた・・・こういう話に出会いたくて北野勇作さんの作品を読んでいます(^^)2019/02/23

亮人

2
カメリかわいい。2007/11/10

やんも

1
劇団員である北野の心情を吐露したような、演劇関連の話が続く。テーマは、役者を含め“化ける・化かす”だろうか?『怖いは狐』は、本気で怖い。2013/01/30

バルトアンデルス

1
カメリふたたび。いいなぁ、ウチに一匹(一頭?一人?)欲しいなぁ。メトロの由来がイヤ過ぎです。2012/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/540668

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。