男おひとりさま道

個数:
電子版価格 ¥733
  • 電書あり

男おひとりさま道

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月17日 19時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784879547538
  • NDC分類 367.7
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「男はどうすればいいか、ですって? そんなこと、知ったこっちゃない」とは言ったものの……在宅ひとり死はこわくない!

死別・離別・非婚シングル・・・。男おひとりさまに生きる道はあるか? 大ヒットした『おひとりさまの老後』から2年。新たな取材や研究の成果が凝縮された、著者渾身の第二弾は、男性はもちろん、女性も必読!

内容説明

死別・離別・非婚シングル、老後に生きる道はあるか。在宅ひとり死はこわくない。

目次

第1章 男がひとりになるとき(増えている男おひとりさま;死別シングル ほか)
第2章 下り坂を降りるスキル(人生のピークを過ぎたとき;男の定年、女の定年 ほか)
第3章 よい介護はカネで買えるか(男おひとりさまのふところ事情;いくらあれば施設に入れるか ほか)
第4章 ひとりで暮らせるか(男は自立しているか;「食」のライフラインを確保する ほか)
第5章 ひとりで死ねるか(生の延長上にある死;在宅看とりを支えるひとたち ほか)

著者等紹介

上野千鶴子[ウエノチズコ]
1948年富山県生まれ。京都大学大学院社会学博士課程修了、平安女学院短期大学助教授、シカゴ大学人類学部客員研究員、京都精華大学助教授、国際日本文化研究センター客員助教授、ボン大学客員教授、コロンビア大学客員教授、メキシコ大学大学院客員教授等を経る。1993年東京大学文学部助教授(社会学)、1995年東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアであり、指導的な理論家のひとり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

団塊シニア

40
ひとりでいたいときにひとりでいられる至福がおひとりさまの暮らしにあり、おひとりさまイコール孤独という等式はやめて欲しいという筆者のメッセージには同感です。 また健康、介護、経済力に言及してるが「おひとりさまの老後」同様最後はみんなひとりだというのが実感しました。2013/04/21

Miyoshi Hirotaka

22
「道」を付けて人格陶冶と結びつけるのが大好きなわが国のこれからの課題は「男おひとりさま道」。死別、離別、非婚などの理由で増える「男おひとりさま」。一人で暮らし、良い介護にめぐり会い、良い死に方をするためにも「おひとりさま力」を鍛えることが必要。それがなければ、人生の下り坂を降りるのは難しい。それは性格だけでなく、生活習慣であり、人間関係構築力であり、最後は人間的な魅力として完成する。これは、男のためだけではない。男より長生きすることが多い女性の幸せのためにも魅力的な男友達がたくさんいた方が良いのである。2013/09/09

レアル

17
男の「おひとりさま」は女の「おひとりさま」より大変らしい。それは男性の心身面からしてそれを「予測していない」人が多いからだそうだ。そんな男性陣のための「おひとりさま」になった時に役立つ本。2012/06/02

nizimasu

11
上野千鶴子さんの命名したおひとりさまも男のジャンルでもその切れ味は抜群。死別に離婚、元々結婚しない人までも網羅しているが、生病老死の様々な局面を描いていて、まだ老年に届いていない世代にもちょっとしたシュミレーションになるのではないか。実は経済よりも夫婦などの家族関係と対人関係に尽きるのではないかと思った次第。まわりの人を大事にしないといけないですね、としみじみ…2015/09/05

でんか

10
おひとりさま、を世に知らしめた上野さんの「男」版おひとりさま道。実践的コメントも多く、おひとりさまでないひとでも、ずいぶんとためになると思う。人的資源がとても大切であるということ、つまり、人とうまくつながりを持っていくということが大事で、そのために努力をしないといけない。そして、タイトルこそ「男」おひとりさま、であるが、働き続けている女性がふえている現代、そういった層が老年期を迎えていくにあたって同じように色々と該当する部分がある、良い本だと思う。2018/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/566833

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。