ハヤカワ文庫<br> ルナティカン

電子版価格 ¥506
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
ルナティカン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 259p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150307127
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

月面都市の大企業LAP社は、自社製アンドロイドの両親に人間の少年を養育させる実験を行なっていた。地球のノンフィクション作家リビーは、このポール少年に対する非人道的行為を告発するため月面を訪れた。とある事情からポールの成長を見守る自由探偵のリックと出会った彼女は、少年の哀しい出自を知る。それは、入植初期の地下都市跡で生活し、地上の人間からは蔑視される一族“ルナティカン”の物語でもあった…。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

10
1988年の作品。今の神林長平から見ると、明らかにもの足りない。アンドロイドとアイデンティティの問題も、その萌芽はあるが、未消化に終わっているし、そもそも物語そのものの完結性も弱い。ただし、月世界はそれなりにロマンティックに描かれているし、神林の全体像を知るにはやはり必要な作品。2012/04/22

紫伊

7
アンドロイドに育てられる少年。月では「ルナティカン」と差別される存在。隣の芝生は青く見えるというけれど、幸福もそういうことなのかなとふと思いました。2016/08/01

どんまいシリル

6
これは、わかりやすいお話で良かった。アンドロイドの限界や人種差別。守られるべき子供を、やがては自立するように育てることの難しさ。決定的な解決策が書かれていないのが、好ましいと感じた。2015/07/11

ユッキーさん

4
昔、神林長平の著書で読みたい物があったはずなのにタイミングを逃しまくってここまで来てしまった。先日読んだ桜庭一樹書評集でも紹介されていて今度こそ読まねばと手に取る。思ったよりサクサク読めたのだけど、どうやら“らしくない”作品らしい。とはいえ人間関係が時々混乱してしまった。ラストは胸をギュッと掴まれるような苦しさがあった。2019/06/27

DERIA

3
作者にしたらすごくシンプルな運び。 設定はやはりユニークで面白い。2016/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/531206

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。