ハヤカワ文庫
小池真理子のマスカレード―小池真理子短篇ミステリ傑作集〈3〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 308p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150307110
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

外科医の高遠と恋人の葉子はドライブ中の些細な事故からまるでドミノたおしのように罪を重ねる。その様を鮮やかに綴る「罪は罪を呼ぶ」、自首する決心がつかず町を徘徊する男がボケ老人を拾ったことから起こる皮肉な結末を巧みなプロット、卓越した心理描写で描く「姥捨ての街」を含む会心の5篇。巻末には特別エッセイ「音もなく霧に巻かれていたあの頃―」を収録。味わい深い熟成のミステリのみを集めた傑作集第3弾。

著者紹介

小池真理子[コイケマリコ]
1952年、東京都生まれ。成蹊大学卒業。出版社勤務、エッセイストを経て85年『第三水曜日の情事』で作家デビュー。89年「妻の女友達」で第42回日本推理作家協会賞、95年『恋』(早川書房刊)で第114回直木賞、98年『欲望』で第5回島清恋愛文学賞受賞

結城信孝[ユウキノブタカ]
文芸評論家。アンソロジスト