ハヤカワ文庫<br> 千の王国百の城

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
千の王国百の城

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 397p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150306670
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

buchipanda3

56
山極さん、小川さんのゴリラ本を読んでいて「金色のシルバーバック」を思いだしたので収録作を再読。清原さんの描くSFは軽めのタッチの絵で親しみやすく、それでいて中身はとんがっていてシニカルでコミカルでとても好み。古い作品だけどやっぱりいいなあ。「金色〜」はガール・ミーツ・ゴリラ。人の社会に辟易した少女が言葉を喋れるオスのゴリラ、シルバーバックと過ごした日々が綴られている。シルバーが優しい。これは女の子が惹かれるはずだ。他には近未来SFの「アンドロイドは電気毛布の〜」と古代ファンタジーの表題作がお気に入り。2019/05/25

野のこ

41
SFが複雑ではなかったので、私にも読みやすかったし、設定も好みのが多かった。特に印象に残ったのは「金色のシンバーラッグ」ゴリラが強がっていじいじする様子が可愛かった、でも最後はせつない。表題の舞台の客席の足元から香りの風がふくのは当時はまだなかったはず!?私はディズニーランドで同じ体験をしてびっくりした記憶があります。幻影マジックや座席から飲み物がでてくるとか近未来っぽくて実現してもおかしくないと思いました。2018/01/30

文句有蔵

9
清原なつのは「花岡ちゃんの夏休み」以来である。友人に貸して、戻って来なかった。私に、「大事なものは貸してはならぬ」と教えてくれた一件(笑)さて。一冊丸ごとSFだったのは、花岡ちゃんしか知らない私には意外だったが、清原なつのらしいハートウォームな作品群で、とてもよかった。中でも「銀色のクリメーヌ」の「私のささやかな命が」から始まる手話と、ラストの一枚には胸を打たれた。私の体は薬物によって出来ている、と自覚するほど薬漬けの私だが、多くのクリメーヌによって救われているのだと自覚させられた。彼女達に感謝します。2014/11/29

ペコ→あさひ@春から大阪戻ります。

8
真珠とりが傑作。2017/08/27

きりだんご

4
●ブックオフ2019/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/52460

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。