ハヤカワ文庫<br> 魔の聖域―グイン・サーガ〈76〉

電子版価格 ¥440
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
魔の聖域―グイン・サーガ〈76〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150306533
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

ヴァレリウスとイェライシャは、ノスフェラスでついに伝説の大導師アグリッパとあいまみえた。ふたりが異様な姿のアグリッパと語りあっていたころ、ジェニュアには、レムス王の命によるナリス追討軍が迫っていた。ヨナたちは、ラーナ大公妃を人質に取り、ナリスを脱出させるべく策略をめぐらすが、対峙したナリス軍と国王軍はついに激突!夜陰にまぎれて馬車を走らせるナリスらの前に、黒々と広がるのはルーナの森。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nonたん

28
グインとハゾスで和んだ。そしたら、レムスでイラついた。リンダはオロオロしちゃうし…読むのが苦しい感じだったな。変なの生まれて、アルミナはイッちゃってしまった(いろんな意味で)そして最後は…2012/04/27

瀧ながれ

25
レムス=ヤンダル・ゾックによって人間ごと作り替えられてしまった狂えるパロ王宮を、リンダ(とスニ)はレムス直々に案内されて進む。レムスとの子を産みはしたが正気を失い、ミイラのように横たわる王妃アルミナや、「ノスフェラスの種子」だという、形をもたない彼らの息子アモンなど、信じがたいものを見たリンダは自らの勇気にすがってなんとか意識を保つが、夫ナリスが戦いの渦中にあることまで見せられ…。久々登場のグインは、ヤンダル関係なら現地に飛び込んでいきたいでしょうに、「王」という立場では身軽に動けなくて辛いね。2015/12/19

Toshy

20
王宮内部の描写と姉弟のやり取りが変わり果てた今を比較して、かなりグロテスクで読んでいて気分が悪くなるくらいでした。初めて読み進める気がしなくなってしまいました。2013/12/19

きーみん

20
ええっ!?ここで続き?・・・間違いなくSだな。。2011/03/13

きらら@SR道東民

15
久々のグインとハゾス・・と思いきやヤンダル化したレムスとリンダの心理戦、しかもアルミナは、ああぁ悲惨で可哀想過ぎます。読んでいてかなり疲れました。そしてこのラスト・・・グラチィは助けてくれるんじゃなかったの~、ヴァレリウスはまだ~もう続きが気になる!!2013/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571260

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。