ハヤカワ文庫<br> 邪神帝国

ハヤカワ文庫
邪神帝国

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 398p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150306236
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

最も残虐な人間と、最も邪悪な神々が手を組み、史上最悪の軍隊が誕生した。とどまるところを知らぬ悪鬼の所業は世界を震えあがらせる。激動の時代、急激な勢力拡大を果たしたナチスドイツ。しかしその背後には、知られざる闇の力が存在していた。その禁断の力にふれたものはみな奇怪な運命に翻弄されてゆく…史実と虚構をたくみに織りまぜ、異形のものどもの存在を描き出した戦慄の魔術的連作集。邪悪なる七篇を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MarsAttacks!

9
「インディー・ジョーンズ」や「ジョジョの奇妙な冒険」の影響か、ナチスドイツとオカルティズムの組み合わせは、不謹慎かもしれないがワクワクするものがあります。この物語はオカルティズムの部分にクトゥルフ神話を組み込んだ、なんか贅沢な連作短編集です。オカルティズム・クトゥルフ神話の薀蓄に、歴史上の人物や出来事を絡ませ、まさに直球ストレートなクトゥルフ神話を楽しめました。2011/09/27

いいほんさがそ@蔵書の再整理中【0.00%完了】

5
**ネタバレ**悲惨なユダヤ人大量虐殺が一番印象にあるであろうナチスドイツ。映画『インディ・ジョーンズ"失われたアーク《聖櫃》"』でナチスドイツが聖櫃の発掘を進めているという話にある様に、オカルト結社の側面を持つナチスが魔術的なものを軍事戦略に取り入れ、その魔術が呼びこんだ邪神によって滅ぼされていくという流れをまるで歴史小説であるかのように読むことができる。史実と虚構が融合し、まるで真実がそうであるかのように錯覚してしまう。ナチスドイツとクトゥルー神話を融合させた傑作短編集。2012/04/09

青葉麒麟

4
表紙からしてたまらない(^^)ナチスとオカルトの組み合わせって物凄く面白い題材だと思う。本当に実際やってたんじゃなかろうか(^_^;)どうしてドイツ人はそこまで自分達の民族が優秀だとひけらかしたいのかな?魔物のぐにゅぐにゅの触手がキモい。2013/03/24

Ai

3
ナチスとクトゥルー は、なんて相性がいいのだ。『狂気大陸』『ギガントマキア1945』がお気に入り。圧倒的な注釈は、まだまだ勉強不足を実感するとともに、クトゥルー 神話の奥深さがあってワクワクする。2018/06/11

pgin

2
ナチスドイツとオカルトに関わる風説に実践西洋魔術や邪神がダイレクトに絡みつき、史実とフィクションの境界がゆらめく伝奇アクション短編集。 ヨス=トラゴン及びクリンゲン・メルゲルスハイム登場。邪神や神話生物も色々と登場するので、原作であまりカタルシスが得られない向きにはおすすめします。http://bookmeter.com/b/47988300382015/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/462016

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。