Conflict and Compromise in East Germany, 1971-1989 : A Precarious Stability

個数:

Conflict and Compromise in East Germany, 1971-1989 : A Precarious Stability

  • 在庫がございません。海外の書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せいたします。
    通常6~9週間ほどで発送の見込みですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合がございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • 【重要:入荷遅延について】
    ウクライナ情勢悪化・新型コロナウィルス感染拡大により、洋書・洋古書の入荷が不安定になっています。詳しくはこちらをご確認ください。
    海外からのお取り寄せの場合、弊社サイト内で表示している標準的な納期よりもお届けまでに日数がかかる見込みでございます。
    申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
  • 製本 Hardcover:ハードカバー版/ページ数 276 p.
  • 言語 ENG
  • 商品コード 9781403915689
  • DDC分類 306.09431

基本説明

It focuses on four social groups - youth, women, writers and Christians - to highlight the stability of this socialist society.

Full Description


This extensively researched empirical analysis of the GDR in the years 1971-1989 challenges current historical interpretations of GDR history. It focuses on four social groups - youth, women, writers and Christians - to highlight the stability of this socialist society until 1987. The strength of the regime is shown to have been based on a continuously negotiated process of give-and-take involving major parts of the population.

Contents

Preface Glossary Introduction Central Policy State Institutions Diversity Tensions Communication Within GDR Society Compromises and Participation Conclusion - Stability and the Image of Doom Notes Appendix Bibliography