はじめてのアナログ電子回路 基本回路編

個数:
  • ポイントキャンペーン

はじめてのアナログ電子回路 基本回路編

  • 松澤 昭【著】
  • 価格 ¥2,916(本体¥2,700)
  • 講談社(2015/03発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 54pt
  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 263p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784061565357
  • NDC分類 549.3

内容説明

MOSトランジスタを中心に解説。充実度NO.1!

目次

序論
電気回路解析の基礎
半導体の基礎
バイポーラトランジスタとMOSトランジスタ
基本増幅回路
基本増幅回路の周波数特性
デバイスの特性変動、バラツキ、雑音、歪み
カレントミラー回路とバイアス回路
差動増幅回路
負帰還回路技術
演算増幅器
CMOS演算増幅器
発振回路
電源回路

著者紹介

松澤昭[マツザワアキラ]
1978年東北大学大学院工学研究科修士課程修了。同年松下電器産業(現パナソニック)に入社。主に、ディジタル家電向けのミックスシグナルチップや高速A/D変換器の設計を担当。2002年にはIEEEフェローに選定される。2003年より東京工業大学大学院理工学研究科教授。博士(工学)。専門分野は、RF(高周波信号)・アナログ・ディジタル混載集積回路の高性能化、高能率設計(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

MOSトランジスタを中心に、丁寧に解説。大学のテキスト、初学者の入門書として最適。カラー図版多数。とにかくわかりやすい!

MOSトランジスタを中心に、基本増幅回路から演算増幅回路、電源回路、発振回路までを丁寧に解説した。カラーの回路図・応答図が豊富にあり、直観的に理解できる。大学のテキストはもちろん、初学者の入門書としても最適。

【まえがきより】
  筆者は約35年にわたり、企業や大学においてアナログ集積回路、アナログ・ディジタル混載集積回路、超高周波回路の研究開発に従事し、多くの技術と製品を開発してきました。
 また、研究開発だけでなく、技術者教育にも従事してきました。企業における後進の指導育成や大学における学生の教育だけでなく、大学に移ってからも多くの企業の技術者にアナログ電子回路を教えてきました。それらの方々は1000 人に達すると思います。
 このような経験を通じて感じることは基本の大切さです。アナログ電子回路は複雑でノウハウの塊といわれますが、まずはラプラス変換を基本にした電子システムの理解と電子デバイスの理解が重要であると思います。これらの土台をしっかりすることで、多くの知識をその上に積んでレベルを上げていくことができますが、そうでない場合は知識の積み上げができません。
 本書のタイトルは『はじめてのアナログ電子回路』となっていますが、「数式なしでもわかる」と銘打ったような入門書ではなく、これからアナログ電子回路を学ぶ方々が今後の発展のための土台を構築できることを主眼に置いています。
 わかりやすい説明を心がけましたが、重要な数式はできるだけ載せています。数式から動作や特性を読み取ることが重要だからです。このため、グラフは回路シミュレータなどを用いて、できるだけ実際に近い特性を示しています。
 最初は少し難しく感じるかもしれませんが、学習を進めるうちに、一見複雑なことが体系的に理解できるようになると思います。

第1章 序論
第2章 電気回路解析の基礎
第3章 半導体の基礎
第4章 バイポーラトランジスタとMOSトランジスタ
第5章 基本増幅回路
第6章 基本増幅回路の周波数特性
第7章 デバイスの特性変動,バラツキ,雑音,歪み
第8章 カレントミラー回路とバイアス回路
第9章 差動増幅回路
第10章 負帰還回路技術
第11章 演算増幅器
第12章 CMOS演算増幅器
第13章 発振回路
第14章 電源回路

【著者紹介】
東京工業大学大学院理工学研究科 教授