ハヤカワ文庫<br> ガルムの報酬 - グイン・サーガ60

電子版価格 ¥440
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
ガルムの報酬 - グイン・サーガ60

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305970
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

nonたん

33
モルダニアのアリストートスどの……ちーん!ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~でした。恐ろしいことに、一冊まるまる使いましたね。表紙まで……。他に言うこともないですわ。2011/09/21

瀧ながれ

22
これだけ長い作品になると、途中には「読みにくい巻」というのも当然あるのだなあ。辛い、かなしい場面があるから読み進められない、というのではなくて、なにひとつ魅力を感じる場面が見当たらないから読むのが億劫、と、やけに時間がかかった一冊でした。クム三兄弟の末っ子タリクがクムの新しい大公になったり、アリがとうとう退場したり、歴史的には動きがありましたので、欠くことのできない巻なのですが…。イシュトヴァーンの背後に怨霊ばかり増えてゆきますな。2015/07/16

きーみん

22
作者にまで「ツキモノがおちた」って言われちゃうアリ。私は、不具で残虐で非業の天才という共通点から「オペラ座の怪人」のファントムと重ねて見てたところがあって、暗闇でしか生きられないのに、光輝く者に恋してしまったその、なんて言うか、口では「最初から望んで無い。諦めてる」と言いながら、相手の態度に一喜一憂する様が、憐れだなぁ〜と思わないでもなかった・・・と言うと、アリに殺された人々はもっと可哀想だ!って言われるだろうし、確かにそうなんだけど。2011/02/13

Toshy

18
少しづつ、ストーリーに進展があります。世界全体が大きく動く予感がします。そのために、序盤で活躍?暗躍?したキャラは消えゆく運命になります。今回はその一人の巻でした。2013/10/29

きらら@SR道東民

16
とうとう運命の日が・・・・あんなに嫌悪していたアリですが、予想していたとはいえ、何とも哀れな・・・・そしていよいよ覇者への道を走り出すイシュト。それを不安な眼差しで見守るカメロン、その不安がどう出るのか・・・私も不安です。2012/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571235

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。