ハヤカワ文庫<br> ガルムの標的―グイン・サーガ〈53〉

電子版価格 ¥440
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
ガルムの標的―グイン・サーガ〈53〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305659
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

モンゴールの都、トーラス。アレナ通りの「煙とパイプ亭」の主人ダンは不安な日々を送っていた。偶然、ミダの森の虐殺の秘密を知ってしまったダンは、アリの魔の手が自分たち家族にまで及ぶことを怖れていたのだった。左府将軍カメロンが彼らを守ると約束してくれたのだが、アリの帰国以来、ふたたびアレナ通りに怪しげな連中がうろつき始めたのだ…「煙とパイプ亭」を舞台に、いま、アリとカメロンの死闘が始まる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nonたん

33
かぁ~やる、やる。アリ!こりゃまた一本取られましたわ!カメさんの奮闘空しくってな。それはともかく、赤ちゃん誕生です!マリニアちゃん!美しくなりそ(^O^) して、親父は何をしているのだろう~(~o~) 父ちゃん元気で留守が良い!とは言うが、元気なのかも分からないんじゃねぇ…。さて、次巻がアレらしいよ…飛ばしたくなるなぁ…。2011/04/16

いおむ

21
面白い~!がイシュトが、気色悪い。なんだこいつ。それ以外はすばらしい。《煙とパイプ亭》襲撃のあたりは展開は読めても十二分にハラハラさせられたし、特にラストのカメロンとアリストートスの対決が凄い。アリがそこまでするとは!さて買い置きの巻はここまで。いったん外伝に行こうか。2020/07/31

きーみん

20
カメロンの巻だな〜と思って読んでいたら、最後の最後でアリが持ってったな〜!ふえ〜そこまでやる?って感じ。すごい!でも赤ちゃんが無事に生まれて良かった♪お父さんは何やってんだろね。2011/01/15

瀧ながれ

19
カメロンとっつあん大忙しの巻。「煙とパイプ亭」はこの作品のオアシスなので、荒らされる場面には本気で怒りが湧きました。マリニアちゃん、ご誕生。一見すると、小さなお店に孫娘がって感じなんですが、実はこの子は二大国の王家の血をひくややこしい存在なので、いずれ大きな役割を背負う気がします。2015/04/23

椿

18
再読。久しぶりのトーラスのゴダロ一家。大変な展開だったけど、出てきてくれて嬉しいよ。タヴィアの出産、マリニアの誕生、おめでとう!カメロンとアリの対決、すっかり忘れてた。アリの妄執がコワイ。まさか、イシュトヴァーンの命まで取引の材料にするなんて。2016/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/512463

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。