ハヤカワ文庫<br> 私が殺した少女

個数:
電子版価格 ¥628
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
私が殺した少女

  • 原 リョウ【著】
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 早川書房(1996/04発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 16pt
  • 提携先に18冊在庫がございます。(2021年10月29日 03時12分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 439p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305468
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

まるで拾った宝くじが当たったように不運な一日は、一本の電話ではじまった。私立探偵沢崎の事務所に電話をしてきた依頼人は、面会場所に目白の自宅を指定していた。沢崎はブルーバードを走らせ、依頼人の邸宅へ向かう。だが、そこで彼は、自分が思いもかけぬ誘拐事件に巻き込まれていることを知る…緻密なストーリー展開と強烈なサスペンスで独自のハードボイルド世界を確立し、日本の読書界を瞠目させた直木賞・ファルコン賞受賞作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

293
物語は実に淀みなく、起こりうるべきことが起き、そして巻き込まれるべき人が巻き込まれ、そして沢崎もまた行くべきところを訪れ、全てが解決に繋がっていく。じっくり練られた文章は更に洗練され、無駄がない。ウィットに富んだ比喩が的確に状況を、登場する人物の為人を描写する。私が前作を読んだのは11年前。30代だった。その時の私とはこのシリーズを読んだ心持はいささか異なっている。次に出逢った時、私は沢崎にどのような感慨を抱くだろうか。沢崎は変わらない。ただ私が変わるのだ。私がどう変わったかを知るためにまた数年後繙こう。2019/05/26

kaizen@名古屋de朝活読書会

216
直木賞】登場人物に人間味があり、推理小説として読むのに良い。音楽、家族、探偵、警察。題材が悲惨なのは、筋書き上仕方ないのかもしれない。家族とは何かを表わそうとしている。あちこちが中途半端にも見える。それが家族なのかもしれない。結末の急激な展開は推理小説としてはやむを得ないのだろう。主人公の別の題材を読みたくなった。第一作を読もう。2014/04/17

おしゃべりメガネ

215
日本ハードボイルドの金字塔的作品と思います。とにかく文章の流れが別格です。会話のテンポ、情景描写、登場人物の心理、すべてにおいて一文字一文字がまったく無駄がなく、今シリーズを読むとしばらくは他のハードボイルド小説に手がいかなくなるくらい秀でています。決して他のハードボイルド作品や作家さんのレベルが低いワケではなく、原寮さんが別次元にいるのだと感じます。とにかく寡作な方なので、なかなか本数を読むことはできませんが、「沢崎」シリーズは時の流れを多く経過した今もなお、まったく色褪せてはいない完璧な作品です。

文庫フリーク@灯れ松明の火

213
原尞さん第2作目。最初のページは「父の霊に捧ぐ」1行のみ。依頼人の自宅へ出向いた沢崎は、その家の11歳の娘・天才バイオリニスト真壁清香の誘拐共犯容疑者として警察に拘留される。警察の介入知るための囮として使われた沢崎は、誘拐犯の指名で身代金を運ぶ役に。警察の追跡振り切るためファミレス・ファーストフード店を何軒も電話一本で移動させられ、挙句、駐車場で後頭部に強い一撃受けて意識喪失・身代金の入ったスーツケースは消える。そして再び電話で呼び出された火災で全焼した老人ホームの排水溝で、痛ましく損傷した清香の遺体を→2019/01/17

遥かなる想い

201
文体がよい。初めて読んだ作者だが、読者を引き込む わざを持っている。2010/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/553680

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。