ハヤカワ文庫<br> 今宵、銀河を杯にして

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
今宵、銀河を杯にして

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 392p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305185
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

惑星ドーピアにあるあまたの戦闘車輌の中でもっとも長いパーソナルネームを持つ戦車、マヘル‐シャラル‐ハシ‐ハズ。その名づけ親である操縦士アムジ・アイラ一等兵と僚友クアッシュ・ミンゴ二等兵は、非地球生命体バシアンに対し自らの新戦術論を立証すべく意気込んで地球からやってきたカレブ・シャーマン少尉を新しい車長に迎えたが…不条理な闘いの中、不死身の宇宙戦車との奇妙な友情と連帯を描く戦争SFの傑作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どんまいシリル

10
図書館で借りて、初めて本を広げて奇声をあげた。作者の若かりし頃の写真が載っていたので…。なんて失礼な読者でしょうね。ちょっと反省。しかし、ものすご~く衝撃的だったけど、内容は面白い。ばかばかしいような、サッパリわからない世界ではあるが、「今宵、銀河を杯にして、カンパ~イ!」と酒を飲み干したくなる作品。底辺に、優しさがあるので、良かった。2014/09/29

OHta

8
神林長平は自分のペンに酒を飲ませたに違いない。酒好きで戦闘嫌いな兵二人とクソ真面目な天才少尉、そして奇妙な戦車が活躍するほろ酔い気分の素晴らしきホラ話です。「戦争はコミュニケーション」というテーマは雪風シリーズにも用いられており、しかし本書はかなりコミカルです。登場人物たちはとにかく酒を飲み、悪知恵を駆使して戦闘を回避し、とても人間臭い。異星での異種間戦争という特異な状況下だからこそ、そのあまりにも人間臭い描写に笑ってしまいます。楽しく読める一冊です。2017/09/10

ひびキング

8
氏の著作の主題の一つだと勝手に思ってるコミュニケーションの様々な姿が示される。常々人語を解する者同士の紛争が失くならないのにコミュニケーションの手段さえままならない異星人と共存できるわけないわな。ところが登場人物は砲弾を飛ばし合ってることが立派なコミュニケーション!と言い切る。人と機械と異星人と機械生命体とのコミュニケーションとディスコミュニケーションの物語。言葉だけでなく魂による…2014/11/19

おぎにゃん

6
「発狂するコンピューター」「ウィスキー呑んで酔っ払うコンピューター」「野生化したコンピューター」「○○○○(漢字四文字)を持つ戦車」「猫もどき異星人(敵だけど)」…よんでてワクワクした。ラストの「堅物シャーマン少尉」のセリフもいい。コミカルでありながら、生命の本質に迫る「深さ」がある。神林長平さん、最高です。2014/01/09

半殻肝

6
1年ぶり再読。そしてなるほどこれは神林長平版『キャッチ=22』だと認識を新たにする。軍部もコンピュータもてんやわんやになりながら繰り広げられる、不条理ながらもユーモラスなやり取りの可笑しさや、いつしかキャラクターに深く感情移入してしまうあたりも元ネタと相通ずるので、そちらも読むとなお楽しめることウケアイ。機械知性を絡めつつ、惑星ドーピアの奇妙な生態環境の謎に迫る後半の展開と併せて、おいしいネタが詰まった長編。「飲んではハイに 醒めては灰に 飲もうぜ 今宵 銀河を杯にして」2011/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578315

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。