ハヤカワ文庫<br> 真珠たち

ハヤカワ文庫
真珠たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 271p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150304065
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

真珠病。全身が真珠質に変化し、死に至るという不治の病が、全世界に静かに蔓延していった。「真珠たち」と呼ばれる患者たちは、隔離され研究対象とされたが、一人の少年が、インディアン・ルエラ族の居留地に逃げこんだ日から世界は「真珠たち」を無視することができなくなった。真珠病の少年に神の似姿を見たルエラ族が、彼らのために起ちあがったのだ。―ベストセラー作家が、SFへの熱い想いを込めて描く本格長篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りこ

4
昔に買って読んだ、好きな作品の一つ、身体が真珠のようになり死ぬ謎の奇病が全世界に広まり、最初は怖れ排除された患者達が、やがて世界に出ていき…と言う話しだが、ビジュアルが凄く美しく、かつ謎の不治の病に対する民衆の怖れが生々しかった。

埋草甚一(U.J.)

1
時代を先取りしている。 昨今マガジンが力を入れている「百合SF]だし。 完結したばかりの『天冥の標』でもあた、難病罹患者・保菌者が宇宙空間へ行く構造とか。 そこに、伝統的な先住民のファンタジーが見事に織成されている。 とても美しい綾織りだ。2019/12/07

ホタテ様

1
高校生の時にこんなの読んだなぁ……と、思い出したので登録。初めて読んだハヤカワ文庫だと思う。

skeptical_sheep

1
読み慣れないSFに戸惑う。馴染みのない単語が多く、何を描写しているのか状況が分からない箇所も多々。最初の短編「真珠たち」はそれでも面白く読めたが、シリーズになってからは色々な要素が入り乱れすぎて、どれも中途半端な印象。結局、真珠病は死の病気なのか、それともコントロールできる病だったのか、精神的な感染はあり得たのか、それすら分からない。あと、割とグロい描写もあるので、しんどかった。2015/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/188868

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。