ハヤカワ文庫<br> お喋りセッション

ハヤカワ文庫
お喋りセッション

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 278p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784150303402
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

舞台の上では白熱したアドリブが繰り広げられていた。リード・トーカーの駄洒落にアンサラーが駄洒落をもって応える。まさに超絶技巧だ。歴史に残る名セッションだ。そして、テツはメグとお喋りをしたいと思った―。高度なテクノロジー社会で、他人と接触することを忌み嫌う人々の間では、お喋りはアートと化していた。だが一組のカップルがお喋りにめざめ人間らしい感情を取り戻した時…。表題作を含む書き下ろし短篇集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

bibliophage

6
80年代、SFマガジンの読者でした。草上さんの短編も毎回楽しみにしていました。あとがきによると、この当時は日曜作家さんだったのですね。9編の書き下ろしが収められています。エロいのから、おばかな話、サスペンス調など楽しめます。でも「ヒッチ・ハイク」のような、ますむらひろしさんが描くような典型的もしくはファンタジー的SFの世界が好きです。「フード・プロセッサー」のような、メッセージ性の強い、現代批判もSF作家さんが書くべき題材のように思います。2015/04/18

0
O

1977年から

0
1991年

Hachi_bee

0
久しぶりに再読。最近は草上仁を全然見なくなってしまったのですがどうしているんでしょう。ボクが探していないだけ?新作を読みたいです。2009/09/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/387719

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。