NHKブックス<br> 象徴天皇制の成立―昭和天皇と宮中の「葛藤」

個数:
電子版価格 ¥1,468
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
象徴天皇制の成立―昭和天皇と宮中の「葛藤」

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2017年12月12日 14時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 352p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140912447
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C1321

内容説明

一九四七年五月三日、日本国憲法施行とともに象徴天皇制が誕生した。「統治権の総攬者」から国政に関する権限を持たない「象徴君主」への転換を迫られた天皇は、自らの理想とする君主像とGHQ・日本政府が要求する象徴としての役割のギャップに苦悩しつつ、側近たちと共に抵抗を試みていった―。生前退位問題をめぐって、皇室典範および象徴天皇制の在り方が注目を集めるなか、本書は敗戦直後から占領時代に焦点をあて、天皇・宮中・政府・GHQ間の複雑な力学と激しい相克の中で象徴天皇制が成立する過程を、膨大な史料を読み解きながら描き出す。

目次

序章 象徴天皇制とはどんな君主制形態なのか
第1章 敗戦前後の国体危機と昭和天皇
第2章 象徴天皇制への道
第3章 戦後における昭和天皇の行動原理
第4章 象徴天皇制の成立過程にみる政治葛藤―一九四八年の側近首脳更迭問題
第5章 吉田茂の復権と象徴天皇制への対応
終章 象徴天皇制のゆくえ―昭和から平成へ

著者紹介

茶谷誠一[チャダニセイイチ]
1971年石川県生まれ。2006年立教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、明治大学、立教大学兼任講師。専攻は日本近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

生前退位を巡り、今、皇室典範・象徴天皇制の在り方についても、多くの議論が起こっている。『昭和天皇実録』など近年公開・発見された新史料を精緻に読み解き、象徴天皇制の成立過程を鮮やかに描き出す。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件