NHKブックス<br> アメリカ大統領制の現在―権限の弱さをどう乗り越えるか

個数:
電子版価格 ¥1,285
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
アメリカ大統領制の現在―権限の弱さをどう乗り越えるか

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2016年12月04日 11時25分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140912416
  • NDC分類 312.53

内容説明

アメリカの大統領は世界的な注目を集めて就任するが、任期途中で失速することも多い。オバマもそうだった。なぜか。日本やイギリスの首相とは違って、大統領には自由に政策を実現するだけの権限が与えられていないからだ。本書はイギリス植民地以来の歴史と国際比較から、大統領の権限が弱い理由を解明し、カーター、ビル・クリントン、オバマらを分析して、各大統領がこの困難にどう取り組んできたのかを明らかにする。一貫した視点で根本問題から将来像までを見通す、アメリカ政治の正確な理解に欠かせない一冊。

目次

第1章 大統領制の誕生
第2章 現代大統領制のディレンマ
第3章 ディレンマを考える視点
第4章 新大統領に何ができるか
第5章 議会多数党の交代を何をもたらすか
第6章 アメリカ大統領制の未来

著者紹介

待鳥聡史[マチドリサトシ]
1971年生まれ。京都大学大学院法学研究科教授。専攻は比較政治論。京都大学博士(法学)。著書は『首相政治の制度分析』(千倉書房、サントリー学芸賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

カーターやオバマの失敗、ビル・クリントンの成功を精密かつ躍動的に描いて、大統領を悩ませる「期待と現実のギャップ」を浮き彫りにする。トランプにもヒラリーにも有効な革新的視点を打ち出す。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件