NHKブックス<br> 雇用再生―持続可能な働き方を考える

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
雇用再生―持続可能な働き方を考える

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月11日 05時34分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 244p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140912096
  • NDC分類 366.21

内容説明

少子高齢化、IT化、グローバルな低賃金競争…、急激な環境変化に伴い、いま雇用のあり方が問われている。終身雇用、年功賃金、企業別労働組合を特徴とする日本的雇用制度を、労働経済学の理論と実証にもとづき徹底検証。さまざまな環境要因変動に対応して、雇用はどう変わっていくのか。日本人はこれからどのように働くことで幸せになれるのか。付加価値生産性を高めるための人材育成など、日本が活力を取り戻すために不可欠な雇用のあり方を指し示す。労働経済学の第一人者による雇用再生への道筋。

目次

第1章 いまなぜ、働き方を考えるのか
第2章 経済の構造変化と雇用制度
第3章 終身雇用制度のゆくえ
第4章 年功賃金をどう見直せばよいのか
第5章 対等な労使関係をどう築くか
第6章 格差是正は可能か
第7章 付加価値生産性を高める

著者紹介

清家篤[セイケアツシ]
1954年、東京都生まれ。78年、慶應義塾大学経済学部卒業後、80年、同商学部助手、85年、同助教授を経て、92年より同教授。博士(商学)。専攻は労働経済学。07年より慶應義塾大学商学部長、09年より慶應義塾長。現在、World Economic Forum Global Agenda Council on Ageingメンバーなどを兼務。2013年8月まで社会保障制度改革国民会議会長を務める。著書に、『高齢化社会の労働市場』(東洋経済新報社、第17回労働関係図書優秀賞受賞)、共著に、『高齢者就業の経済学』(日本経済新聞社、第48回日経・経済図書文化賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)