NHKブックス<br> 議論のルール

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
議論のルール

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 23時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911570
  • NDC分類 809.6

内容説明

相手の揚げ足をとったり、煙に巻いたり、言葉尻を捉えた局所的反応に終始したり…。こうした日本の議論の現状に、著者は警鐘を鳴らし、「て言うか」や「じゃないですか」に象徴される議論の危うさを暴き出す。場の空気を読むセンスではなく、空気を言語化する環境をいかに創り出すのか。ガラパゴス化する日本の“議論”を立て直す方途を探る、議論の達人による提言の書。

目次

序章 蔓延する不毛議論(爆笑問題vs.大学教員;討論開始 ほか)
第1章 ルールなき議論の現在(議論に何が起きているのか;議論の基本 ほか)
第2章 噛み合わない議論(国会議員の発言は誤り探しに最適;話のコアを見極める ほか)
第3章 「爆笑問題のニッポンの教養」を解体する(「爆笑問題のニッポンの教養」を解体する理由;言葉の意味は人それぞれ ほか)
終章 わかりやすい議論をめざして(議論を振り返って;わかりやすい議論がもたらすもの ほか)

著者紹介

福澤一吉[フクザワカズヨシ]
1950年、東京都生まれ。78年、早稲田大学文学部大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了。82年、Northwestern University Ph.D.。東京都老人総合研究所言語聴覚研究室研究員、早稲田大学文学部専任講師をへて、現在、早稲田大学文学学術院教授。専門は言語病理学、認知神経心理学。日本神経心理学学会評議員、高次脳機能障害学会評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)