NHKブックス<br> シュルレアリスム絵画と日本―イメージの受容と創造

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
シュルレアリスム絵画と日本―イメージの受容と創造

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 19時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 318p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911358
  • NDC分類 723.1

内容説明

シュルレアリスムという新時代の芸術運動に出遭った同時代の日本人画家たち。古賀春江、福沢一郎、三岸好太郎、飯田操朗らの作品を独自の視点から精緻に読み解き、シュルレアリスム・イメージの伝播と受容の実態を明かす。日本シュルレアリスム絵画の誕生の瞬間を描き出し、花鳥風月を描く日本の伝統の中で、シュルレアリスムがもたらした新たな絵画の可能性を探る、気鋭の清新な論考。

目次

1 シュルレアリスム絵画の誕生
2 シュルレアリスム・イメージの移入
3 二科展におけるシュルレアリスムの出現―東郷青児と阿部金剛
4 古賀春江―同時代のイメージと超現実主義私感
5 福沢一郎―シュルレアリスムの衝撃と葛藤
6 三岸好太郎と飯田操朗―シュルレアリスム的表現の導入

著者紹介

速水豊[ハヤミユタカ]
1963年生。神戸大学大学院文学研究科芸術学芸術史専攻修了。姫路市立美術館学芸員を経て、現在、兵庫県立美術館学芸員。専門は20世紀美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)