• ポイントキャンペーン

NHKブックス
イスラーム戦争の時代―暴力の連鎖をどう解くか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910573
  • NDC分類 319.28

内容説明

二〇〇一年アメリカ、九・一一の悲劇―それは始まりでも終わりでもなかった。世界は新しい戦争の時代にはいった。文明間の衝突ではなく、個人対国家の戦いである。ヨーロッパとイスラーム各国でのフィールドワークを通し、ムスリム(イスラーム教徒)が直面する現実と広がる不満の裾野を描出する。テロに傾斜する不満の裾野をいかに崩すか。憎悪と暴力のスパイラルを止める鍵を、世界に向け提起。

目次

序章 イスラーム主義者は誰と戦うのか
第1章 新しい戦争・個人としてのムスリム対国家
第2章 ヨーロッパ・共存と差別のダブルスタンダード
第3章 トルコ・西欧化の果ての疎外
第4章 和解の鍵はどこに
終章 共生の原像と国家の壁

著者紹介

内藤正典[ナイトウマサノリ]
1956年生まれ。1979年、東京大学教養学部教養学科科学史・科学哲学分科卒業。1983年、東京大学大学院理学系研究科地理学専門課程中退。東京大学助手をへて1986年に一橋大学社会学部専任講師、助教授。1997年から一橋大学大学院社会学研究科教授。社会学博士。専門:現代イスラーム地域研究、イスラームと西欧の相関文明論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)