NHK出版新書<br> 宅地崩壊―なぜ都市で土砂災害が起こるのか

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

NHK出版新書
宅地崩壊―なぜ都市で土砂災害が起こるのか

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月26日 10時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784140885826
  • NDC分類 511.34
  • Cコード C0236

出版社内容情報

戦後日本の宅地開発に伴う社会・経済史的背景を辿り、他人事と看過できない現代日本の宅地の危機を斜面防災の第一人者が解き明かす!

内容説明

想定外の豪雨や地震で起こる、地すべりや土砂崩れ。私たちは、都市域での宅地被害を、防ぎようのない自然災害だと思いがちだ。しかし、戦後の「持ち家政策」に基づく宅地開発の背景と、その手法を、丹念な災害調査と併せて辿ると、隠れていた真実が見えてくる―。決して「他人事」と看過できない、いま、日本の宅地が抱える危機を、斜面防災の第一人者が浮き彫りにする!

目次

第1章 宅地崩壊の時代(崩れる宅地;郊外の誕生と土石流・崖崩れ)
第2章 遅れてきた公害(宅地崩壊の萌芽;相次ぐ大地震による被害)
第3章 盛土のミカタ―異常気象と崩壊のメカニズム(異常気象と盛土;地下で何が起きているのか―宅地崩壊のメカニズム)
第4章 ゆらぐ「持ち家社会」―宅地崩壊の背景(「持ち家社会」の形成と副産物;「持ち家社会」の諸問題)
第5章 わが家の生存戦略(「未災」ということ;輝く斜面防災都市)

著者等紹介

釜井俊孝[カマイトシタカ]
1957年、東京都生まれ。京都大学防災研究所教授、斜面災害研究センター長。79年、筑波大学(地球科学専攻)卒業後、民間地盤調査会社に勤務しつつ、86年、日本大学大学院(地盤工学専攻)修了。その後、通商産業省工業技術院・地質調査所(現・産業技術総合研究所)研究官・主任研究官、日本大学理工学部土木工学科助手・専任講師・助教授を経て、2000年、京都大学助教授、07年から現職。博士(工学)。複雑な「地すべり」現象を、理学(地質学)と工学(地盤工学)の二つの視点から研究。さらに、「歴史」を軸に開発と災害の関係を見直す、「防災考古学」を提唱(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

アナクマ

32
宅地造成地で多発しうる「谷埋め盛土地すべり」「人工崖崩壊」の危険性について。それは都市開発が生み出す「遅れてきた公害」だと指摘。自然現象と社会経済現象の交点で時限爆弾のように発生する。◉その補償には税金が投入され、不足分は被害者が負担するのが今の仕組み。土地開発者は逃げ得の構造。予防法学のありかたも問う。◉周囲の反対を押し切って女川原発を(安全な)高台に設置した東北電力・平井氏の信条「技術者には法令に定める基準や指針を超えて結果責任が問われる」。技術者にどれほど響くか。経済性と時間軸で考察を加えたい。2019/08/13

おおかみ

6
悲劇をどれだけ目にしただろう。毎年どこかで土砂災害が起き、かけがえのない命や財産が失われていく。ともすれば異常気象の前に人の営みは無力で、減災に努めるのがせいぜいのところだと思いがちだが、ではなぜ新たに開発された安全なはずの土地で未曾有の災害が起こるのか。土砂災害の第一人者である著者は、戦後日本で推し進められた宅地開発に原因を見出す。/本書の指摘はもっともだと思うが、果たして抜け出す術はあるのだろうか。自然災害とはまた異なる種類の絶望感を抱く。2019/06/03

乱読家 護る会支持!

3
平野の土地が無くなってくると、斜面のある郊外に家を建てる予定になる。斜面宅地は「盛土」や「人口崖」があり、豪雨により土砂災害(盛土の地すべりなど)を引き起こす。天災でもあり人災でもある。 そもそも危ないところに家を建てているのだし、地下地面の構造まで熟知して宅地を購入される消費者はほとんどいない。。。 我が家も側に川があり、河原に盛り土をして建てたマンション。いつかは、、、、やばそう。2019/09/12

みみりん

3
このような内容はもっとマスコミで大きく取り上げられるべきだと思う。しかし取り上げられないのは、困る関連企業が多いからなのだろうか。仕事で色々な住宅地に行くがこんな宅地で大丈夫なのかと素人目に思う場所がある。著者が述べているように売ってしまえばよいという開発、販売側のモラルのなさはひどい。2019/08/19

peko

3
自然災害。それはまさしく天災なのだが、この本に出てくる数々の宅地崩壊は、人災である。特に、ニュータウンと謳われた平成を象徴するかのような住宅で起こっている。これらの一連の「開発」や「マイホーム政策」の動きは、近年問題になっている自然搾取の限界や、資本主義とも関わっている。もともと、農民が多かった頃は、地盤の危うさなども過去から実感とともに受け継がれていたのではないか。それが、どんどん住むためだけや、資産としての土地になってしまい、文字どおり表面だけを見るようになってしまった。2019/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13662133

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。