生活人新書
中流の復興

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 286p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784140882245
  • NDC分類 304
  • Cコード C0295

内容説明

戦争に正義はない。殺し殺される戦争の連環を、小さな人間に過ぎない市民が断ち切る原理と方法は何か。軍事経済一辺倒の世界史の中で、平和経済でも繁栄が築けることを初めて証明したのが日本だ。酷薄な格差社会を打破し、世界中にほどほどの豊かさと自由を築く鍵は、日本の平和憲法と「中流」にある。行動する作家の祖・小田実が語り明かす、「日本の価値と誇り」。

目次

序章 被害者にも加害者にもならない未来へ
第1章 「戦争に正義はない」からの出発
第2章 「サラダ社会」実現への積極的提案を
第3章 市民自らが政策をもとう―市民の「政策提言」教育
第4章 中流の復興―日本の「中流」が世界を変える
第5章 古代ギリシャから考える民主主義と文学
第6章 「刀を差さない心」をもつ日本人として生きる
第7章 「日本の価値」とは何か

著者等紹介

小田実[オダマコト]
作家。1932年大阪生まれ。1961年、世界中を旅した手記『何でも見てやろう』が大ベストセラーに。65年、ベトナム戦争に反対する「ベトナムに平和を!市民連合(ベ平連)」を結成して活躍。その後も大震災被災者の公的支援立法運動など、様々な市民運動を展開して来た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。