きみの人生はきみのもの―子どもが知っておきたい「権利」の話

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

きみの人生はきみのもの―子どもが知っておきたい「権利」の話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 00時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 154p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784140819302
  • NDC分類 K323
  • Cコード C8032

出版社内容情報

心・体・お金を守る! 子どもの権利の使い方

「校則を変えたい」「いじめにあっていてつらい」「親にお年玉をとられた」…子どもが抱える24の悩みや問題を取り上げ、「権利」を紹介しながら解決への道を示す。相談先の情報も収載し、子どもが自ら考えて行動したり、人生を切り拓いたりしていける。学校では習わないけれど、生きていくうえで重要な知恵と情報が詰まった冊!

内容説明

親にも学校の先生にも友だちにも話せない問題でこまったときには、その状況に慣れてしまったり、がまんしてしまったり、あきらめてしまったりするのではなく、声をあげてほしいと思います。この本では24個の「悩み」や「こまった状況」を取り上げて、解決のためのアドバイスを書いています。具体的にどんな権利があるのかを示したあとに、どんな行動をとったりすれば良いかのヒントや、助けを求められる相談先や専門機関をたくさん紹介しています。この本をいまを生き抜くための道具にしてもらえるように願っています。

目次

1 自由に意見を言ったり、社会を変えたりする権利(親の言うことは、なんでも聞かないといけないの?;親が勝手に部屋に入ったり、スマホやケータイを見たりする;学校のルールや校則を変えたい! ほか)
2 心と体を守る権利(いじめにあっていて、学校に行きたくない;SNSでいやがらせを受けていて、つらい;毎日よく眠れない・すぐおなかが痛くなる ほか)
3 お金を守る・お金をもえらる権利(親にお年玉をとられた;貸したゲームが返ってこない;お金がなくて、高校・大学に通えない ほか)

著者等紹介

谷口真由美[タニグチマユミ]
1975年大阪府生まれ。法学者。大阪国際大学准教授を経て、大阪芸術大学客員准教授。専門は国際人権法、ジェンダー法など。かつて大阪大学で非常勤講師として日本国憲法を教え、ベストティーチャー賞ともいえる大阪大学共通教育賞を4度受賞。テレビ・ラジオのコメンテーター、新聞・機関誌のコラム執筆、講演などで幅広く活躍

荻上チキ[オギウエチキ]
1981年兵庫県生まれ。評論家。メディア論を中心に、政治経済、社会問題、文化現象まで幅広く論じる。一般社団法人「社会調査支援機構チキラボ」代表理事、NPO法人「ストップいじめ!ナビ」代表理事。ラジオ番組『荻上チキ・Session』(TBSラジオ)メインパーソナリティ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。