メインストリーム―文化とメディアの世界戦争

個数:
  • ポイントキャンペーン

メインストリーム―文化とメディアの世界戦争

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月15日 19時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 468,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000249515
  • NDC分類 709
  • Cコード C0036

内容説明

娯楽映画・演劇・ポピュラー音楽・TV・出版など、アメリカのメインストリーム文化は、長きにわたりその魅力で世界中の人々を引きつけ、圧倒的な影響力を誇ってきた。しかし今、インド・中国を始めとするアジア諸国や、アラブ・中南米の国々がそれぞれの文化を世界に発信し、アメリカの文化的一極支配を突き崩そうとしている。世界三〇か国で一二〇〇人以上の関係者にインタヴューを重ね、世界文化戦争の現状をレポートする。

目次

第1部 世界のアメリカ化現象(ハリウッド・ロビー―アメリカ映画を世界に売り込む;マルチプレックス―アメリカ人の映画鑑賞スタイル;ザ・ディズニー―みんなが好きな文化の正体;新しいハリウッド―独占からネットワークへ;インディ・ジョーンズも「インディーズ」―映画コンテンツの作り方;ポップミュージックの発明―モータウンからMTVまで;ポーリン、ティナ、オプラ―文化を変えた女性たち;南カリフォルニア大学―メインストリーム文化の実験場)
第2部 世界文化戦争(カンフー・パンダ―中国VSハリウッド;世界征服を目論むボリウッド―ライヴァルは中国とアメリカ;ロスト・イン・トランスレーション―JポップとKポップ;TVドラマの地政学―韓流ドラマ、ラマダン・シリーズ、テレノベラ;マイアミ―中南米ポップスの中心地;アルジャジーラ―カタール発の世界的メディア;アラブのエンタテインメント―砂漠の王子は中東のマードックを目指す;ヨーロッパの反メインストリーム文化―多様化/細分化するアイデンティティ;結論 デジタル時代のコンテンツ戦争)

著者紹介

マルテル,フレデリック[マルテル,フレデリック][Martel,Fr´ed´eric]
1967年生まれ。作家・ジャーナリスト。社会学博士。フランス外務省、文化省に勤務し、ロカール前仏首相補佐官等を務めた後、2001~05年駐米フランス大使館文化担当官としてボストンに滞在。その間に執筆した『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、2009)は2007年度アメリカ・フランス文学賞を受賞した。現在、パリ政治学院で教鞭をとるかたわら、書評・文化情報サイトを主宰し、ラジオ局フランス・キュルチュールではトーク番組のプロデューサー・司会を兼務

林はる芽[ハヤシハルメ]
翻訳家。東京大学卒業後、リヨン第2大学(フランス)文学部修士課程を経て、イーストアングリア大学(英国)で美術史学修士号を取得。公益社団法人企業メセナ協議会元プログラムディレクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

娯楽映画・音楽・TV.出版など,アメリカのメインストリーム文化は世界中の人々に長らく圧倒的な影響力を誇ってきた.しかし今,インド・中国を始めとするアジア諸国やアラブ・中南米の国々がそれぞれの文化を世界に発信し,アメリカの一極支配を突き崩そうとしている.世界