東日本大震災を解き明かす

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 126p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140814802
  • NDC分類 453.21
  • Cコード C0040

内容説明

これまでの常識を覆す「異様」な巨大地震発生のメカニズムとは。

目次

第1章 地震はなぜ起こるのか(プレートは沸かした牛乳に張る膜;マントルは海嶺で湧き出す ほか)
第2章 津波はなぜ起こるのか(通常の波(浪)と津波は違う
引き波とは何か ほか)
第3章 東北地方太平洋沖地震の謎(K‐NETが記録した揺れの広がり;99パーセントの発生確率と予測されていた宮城県沖地震 ほか)
第4章 謎を解く手がかり(2008年に撮影されていた震源域;3500メートルの海底にあったフレッシュな崖 ほか)
第5章 南海トラフへの視点(南海トラフとは何か;想定される3つの地震と連動 ほか)

著者等紹介

古村孝志[フルムラタカシ]
1963年生まれ。東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター教授/地震研究所教授。北海道大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。地震動と津波のデータ解析とコンピュータシミュレーションの研究を専門とする

伊藤喜宏[イトウヨシヒロ]
1973年生まれ。東北大学大学院理学研究科地震・噴火予知研究観測センター助教。東北大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。専門は地震学。第42次日本南極地域観測隊越冬隊への参加経験を持つ

辻健[ツジタケシ]
1979年生まれ。京都大学大学院工学研究科助教。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)。専門は地震探査学、地球科学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ほっそ

6
筆者の一人辻先生のコラムが、印象的でした。小学生の時、阪神大震災を体験して、研究者を目指したとのこと。震災を生き抜いた子供たちに、この言葉ぜひ伝えたいのですが、子供の読む本ではないですね。 2011/08/08

yori

2
★★★★☆ うぅぅ結構難しかったー。。あまり理解できていないです。とりあえず、「ゆっくり地震」「オーバーシュート」というキーワードを覚えておこう。シロウリガイの生育で断層の場所が分かるなんて面白い。2012/10/28

ぐっさん

0
面白かった2012/06/26

あゆかけ

0
「地震はなぜ起こるのか」「津波はなぜ起こるのか」という基本的な部分から、東大の古村先生らが図表などを使ってわかりやすく説明している。 地震学者が予想もしなかった大地震や大津波は、なぜ発生したのか。 様々なデータの解析からわかってきたそのメカニズムについても述べていて、わかりやすくお薦めです。2011/10/30

doremi

0
仮説も含めて、最新の学説で解説しています。かなりわかりやすいかと。ただ、学術寄りなので、「直下型地震」という言葉は使っていません。個人的には、オーバーシュートがわかりにくいというか、たぶん、まだわかっていないかも。 2011年 C0040 \1050. 20112011/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3306985

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。