BORN TO RUN走るために生まれた―ウルトラランナーvs人類最強の“走る民族”

個数:
電子版価格
¥1,676
  • 電書あり

BORN TO RUN走るために生まれた―ウルトラランナーvs人類最強の“走る民族”

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年04月21日 14時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 414p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140814147
  • NDC分類 782.3
  • Cコード C0098

内容説明

この冒険は、たったひとつの疑問からはじまった。「どうして私の足は走ると痛むのか?」その答えを探すなかでクリストファー・マクドゥーガルは世界でもっとも偉大な長距離ランナー、タラウマラ族に行きつく。その過程でわかったこと―わたしたちがランニングについて知っていることはどれもすべてまちがいだ―メキシコの秘境を彷徨う謎の白馬、現代社会と隔絶して暮らす“走る民族”、素足で峡谷を走り抜けるベアフット・ランナー、数時間走り続けて獲物を狩る現代のランニングマン、過酷な地形を24時間走り続けるウルトラランナーたち、そして、世界が見逃した史上最高のウルトラレース…全米20万人の走りを変えた、ニューヨークタイムズ・ベストセラー。

著者等紹介

マクドゥーガル,クリストファー[マクドゥーガル,クリストファー][McDougall,Christopher]
AP通信の従軍記者を経て、現在はMen’s Healthのライター兼編集者を務める。全米雑誌賞のファイナリストに3回選ばれている。主な寄稿先に、Runners World,Esquire,The New York Times Magazine,Outside,Men’s Journal,New Yorkなど。自身、ウルトラマラソン・ランナーであり、ふだんは地元ペンシルヴェニア州の郊外にあるアーミッシュの農場のまわりを走っている

近藤隆文[コンドウタカフミ]
翻訳家。1963年静岡県生まれ。一橋大学社会学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

309
人間の走る能力は思った以上にあるんだなと思った。本書はウルトラトレイルマラソンを巡って色んな人が活躍するが、とても超人的な人ばかりで驚愕した。2015/10/28

ちびbookworm

99
「トレラン」系では有名な本。最初は文章に少しクセがあるが、途中から面白くなる。本書は3つの内容がチャンプルーした本。◆①メキシコ奥地で、幻の人類最速の民族を探す旅②エキサイティングなトレランレースのライブ(最速の民族V.S.現代のランナー)。③ランニングにつきものの「足の痛み」がなぜ起きるか?医学研究所や医者を取材した内容◆どの内容も面白かったが、特に③が良い。他の走る哺乳類が短距離型に進化したのに対し、人類は長距離型に進化した、という話が興味深かった。人体とか人類の謎に関心ある人にもオススメです。2023/05/25

s-kozy

89
全てのランナーと走ることに興味がある方々に強力にお勧めしたい素晴らしい(体験型)ノンフィクション。クライマックスは史上最強の"走る民族"タラウラマ族と世界最強を含むウルトラランナー達が対決するお話。物語は他に二つあり、一つは故障がちで今一つのランナーである著者がタラウラマ族の走力にまつわる秘術を探る話。もう一つはランニングシューズが足に悪影響を及ぼしていることや、人間の体は元々走るようにできていることを科学的に解明する話。三つの話が見事に融合され、レースの最後には感動を禁じ得ない。さあ、みんな走り出そう。2017/02/28

Take@磨穿鉄靴

71
まだ感想残して無かった様子。読んだのはこれで3回目かな。序盤のまだるっこしい展開を抜ければ面白くなる。今改めてNIKEのNEXTが旋風を巻き起こしてる中、自分があの厚底に手を出さないのはこの本の影響も少なくない。はず。経済的な問題だけではない。人間が走る為に進化した話は正解かどうかはさておき自分は支持したい。「老いたから走るのをやめるのではなく、走るのをやめるから老いる」的な考えも◎。それにしてもNIKEを名指しでここまで書ける自由さがスゴい。★★★★☆2019/12/10

ntahima

58
危険な魅力を秘めた一冊。学生時代ならサンダル買ってたかも^^20頁程読んで思わずググった。「メキシコ山間僻地に隠れ住む”走る民族”だって!」ところが何と実在するらしい。手製のゴムサンダルを履いて笑みを浮かべながら100マイルを風の様に駆け抜ける。オリンピックの金メダルを頂点とする現代マラソンがスポーツ科学の結晶なら、本書で語られるウルトラマラソンはまだ神世の時代。クライマックスはメキシコの荒涼たる山岳地帯で繰り広げられる”走る民族” vsアメリカの生んだ超人奇人、伝説のランナー達との激闘。走る『餓狼伝』。2012/06/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13750
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。