NHKブックス<br> 映像論―「光の世紀」から「記憶の世紀」へ

NHKブックス
映像論―「光の世紀」から「記憶の世紀」へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140018279
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C1370

出版社内容情報

写真・映画・デジタルイメージ・・・映像と人間の新たなる可能性を探る。「映像を見る」とはいかなる営みなのか、映像社会の中で人間の身体はどのような状況にあるのか・・・。<光>によって現実を変える魔術、映像。その歴史を追いながら、視覚優位の映像社会で排除された、身体性や記憶の復権を目指す、新しい映像文化の胎動を予見する。

内容説明

「映像を見る」とは、いかなる営みなのか?「光」によって現実を変える魔術、映像。本書は情報のデジタル化に伴い、この「魔術」が大きな転換期を迎えた現在、写真、映画、テレビからデジタル・イメージにいたる、人間の映像体験の意味合いをあらためて問い直すとともに、視覚優位の映像社会・文化の盲点をつき、21世紀へ向けて、身体性や記憶の復権を目指し、新しい映像文化の胎動をも予見する。

目次

序論 ピクチャー・プラネットの誕生
1 映像と身体
2 失われた影
3 記憶の文明
エピローグ 闇の視線―「見ること」と「信じること」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

shio_mori

0
ゼミのレポートの参考資料に。パノプティコン、モンタージュ、盲目の写真家2011/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7079

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。