大日本近世史料 廣橋兼胤公武御用日記〈12〉

個数:

大日本近世史料 廣橋兼胤公武御用日記〈12〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 273,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130930529
  • NDC分類 210.5
  • Cコード C3321

目次

公武御用日記十六(寶暦十二年;十月 ほか)
公武御用日記十七(寶暦十三年;正月 ほか)
寶暦十三年東行之日記(寶暦十三年;正月 ほか)
公武御用日記十七(寶暦十三年;三月 ほか)

出版社内容情報

※「解説」のコピペです【要編集】↓江戸時代中期の武家伝奏日記.前冊では桃園天皇が崩御し後桜町天皇が践祚したが,本冊ではその代替わり後の諸問題を処理するため,朝幕間で様々な交渉が繰り広げられる.また,朝鮮通信使の通行と改元の問題,公家社会の風紀の乱れをはじめ,政治史的に興味深い事件も種々記録されている.通巻138.

江戸時代中期の武家伝奏日記.前冊では桃園天皇が崩御し後桜町天皇が践祚したが,本冊ではその代替わり後の諸問題を処理するため,朝幕間で様々な交渉が繰り広げられる.ほかにも,朝鮮通信使の通行と改元の問題,公家社会の風紀の乱れなど,政治史的に興味深い事件が種々記録されている.通巻138.

【著者紹介】
東京大学史料編纂所
東京大学史料編纂所