動物分類学

動物分類学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 139p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130622165
  • NDC分類 481.8
  • Cコード C3045

目次

1 分類とはなにか―「まとめること」と「わけること」
2 分類の課題と実際―ターゲットを絞れ
3 系統と分類―ルーツを求めて
4 標本の役割―分類学を支えるもの
5 動物の名前―名づけ親の悩み
6 これからの動物分類学―新たな発展に向けて

著者等紹介

松浦啓一[マツウラケイイチ]
1948年東京都に生まれる。1971年東京水産大学水産学部卒業。1978年北海道大学大学院水産学研究科博士課程修了。現在、国立科学博物館標本資料センター・コレクションディレクター、東京大学大学院理学系研究科教授(兼任)、水産学博士。地球規模生物多様性情報機構(GBIF:Global Biodiversity Information Facility)副議長。専門、魚類分類学・生物多様性情報学―魚類の分類、系統関係、動物地理などの研究を行うとともに生物多様性全般に関する国内外のデータベースプロジェクトを推進している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tsukasa Fukunaga

0
伊藤先生が書かれた同シリーズの「植物分類学」と同様、知識の羅列ではなく分類学研究の手法・枠組みについて書かれている。特に筆者の実際の研究であるナメモンガラの分類について、どのようにして研究を進めていったか、という事が記されているため、分類学の現場の雰囲気を感じることが出来たのは面白かった。「これからの動物分類学」も示唆に富んでいるが、特に「異なる分類群を研究している人たちがチームを組んで大型予算を取り、分類群横断的な分類学を進めていくべきだ」という主張はなかなか興味深い。2015/07/06

Arisaku_0225

0
動物分類学の教科書2021/05/31

ロワジール

0
「分類学」については緩めの入門書だが、研究シーンの実態についての理解が深まったり、魚種に詳しくなれたりする良書。2020/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/363868

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。