予測がつくる社会―「科学の言葉」の使われ方

個数:

予測がつくる社会―「科学の言葉」の使われ方

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2019年06月25日 04時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784130561204
  • NDC分類 404
  • Cコード C3040

内容説明

科学的予測なるものの圧力が増大するなかで。先端バイオテクノロジーやDNA型鑑定への期待、災害予測、感染症シミュレーション、地震予測、放射線被ばくのリスク予測、そして政策や経済での活用まで、予測と社会の複雑かつ多面的な関係性を考察する。

目次

過去を想像する/未来を創造する
1 未来を語る―期待の社会学(未来の語りが導くイノベーション―先端バイオテクノロジーへの期待;未来をつくる法システム―DNA型鑑定への期待と失望;防災における「予測」の不思議なふるまい)
2 未来のエコロジー―予測モデルの動態(感染症シミュレーションにみるモデルの生態学;語りと予測の生む複雑さ;過去に基づく未来予測の課題―確率論的地震動予測地図)
3 未来をつくる―予測モデルと政策(政策のための予測を俯瞰する;規制科学を支える予測モデル―放射線被ばくと化学物質のリスク予測;予測と政策のハイブリッド―日本の経済計画における予測モデルと投資誘導)

著者等紹介

山口富子[ヤマグチトミコ]
国際基督教大学教養学部教授

福島真人[フクシママサト]
東京大学大学院総合文化研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

地震予知,市場予測,技術評価,人口予測など,科学技術的手法を取り入れた予測は,現代社会のさまざまな領域に深く浸透している.本書では,諸領域における予測がどのようにして社会をつくるのか,その見えざる過程を明らかにし,予測と社会の複雑かつ多面的な関係性を考察する.