教育の美しい危うさ

個数:

教育の美しい危うさ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年02月26日 13時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130513586
  • NDC分類 371
  • Cコード C3037

出版社内容情報

弱さ,不確かさから構想する,教育という営みの核.現在ますます注目される教育思想家ガート・ビースタが著した定評高い著書を待望の邦訳.教育における創造性,コミュニケーション,そしてそれらが教育のデモクラシー,複数性の政治学に合流してゆく条件を探究する.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

むぎ

2
5章のランシエール特に難しかった。が、強さや進歩への過剰な志向から自由になり複数性の政治を見いだそうとする「弱さ」というビースタのニュアンスさえつかめれば全体的には読みやすいほうかと。最後の小玉先生のまとめが大変鮮やかで助かる。2021/08/10

Go Extreme

1
創造性: 初めに,神は天地を創造された 創造の美しいリスク 弱さ,創造,善 教育の主体 主体性の倫理学 手ぶらの教育学 コミュニケーション: コミュニケーションとしての教育 意味の社会理論 教えること : 構成主義と教えることの目的 学習: 学習のポリティクス フーコーと侵犯の実践 解放: 解放の論理 解放と学校制度 デモクラシー: デモクラティックな教育と発達主義という問題 わざ: 置き去りの恐怖 教育の「学習化」 教育は何のためにあるのか 教育における判断と知恵 教育的に思慮深くなること2021/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17953537
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。