学校を欠席する子どもたち―長期欠席・不登校から学校教育を考える

個数:
  • ポイントキャンペーン

学校を欠席する子どもたち―長期欠席・不登校から学校教育を考える

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月08日 15時16分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 256,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784130513036
  • NDC分類 371.45

内容説明

学校教育の再設計にむけて―不登校の学校臨床。長期欠席の全体像をとらえた調査研究、発達・臨床心理的な分析から複合する要因にわけいり、学校と子どもの関係を作りなおす道をさぐる。

目次

序章 学校を欠席する子どもたちと学校不適応
1 長期欠席と不登校のあいだ―基礎データ編
2 長期欠席・不登校と学校要因―学校データ編
3 長期欠席・不登校に対する学校の取り組み―学校事例編
4 長期欠席・不登校増加の背景を考える―総合考察
終章 子どもの心理発達と学校教育

出版社内容情報

不登校という現代の教育の難問にどうアプローチするか.学校システムと子どもの心理発達が絡み合う多様な〈複合問題〉に,丹念な実態調査と臨床心理的分析から迫り,実践へのヒントを示す.単純化や俗説を越え,いまもっとも具体的な不登校研