児童相談所の役割と課題―ケース記録から読み解く支援・連携・協働

個数:
  • ポイントキャンペーン

児童相談所の役割と課題―ケース記録から読み解く支援・連携・協働

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2020年10月27日 12時00分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 197p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130511469
  • NDC分類 369.43
  • Cコード C3036

目次

児童虐待をめぐる動向と今日的課題
第1部 児童相談所における親子分離の実態(児童相談所に求められる親子分離の機能と手続き;一時保護後の親子分離を規定する要因―数量化した虐待相談記録とヒアリングデータを用いた考察;性的虐待ケースにおける親子分離の発生条件―csQCAによる検討;児童相談所の家庭復帰の可否はいかにして判断されるのか?―手探りの安全と保護者との対立;子どもの家庭から切り離しへの抵抗とその無効化―社会問題のワークとしての児童相談業務)
第2部 関係機関との連携(幼稚園・保育所等との連携の様相―「見守り」における困難と課題;虐待相談記録にみる児童相談所と学校との連携;ケース記録における経済状況の記載の詳細化について―児童相談所と市町村の連携の視点から;施設職員の視点からみた連携の課題)
今後の児童虐待対応に向けて

著者等紹介

遠藤久夫[エンドウヒサオ]
国立社会保障・人口問題研究所所長。社会保障審議会会長

野田正人[ノダマサト]
立命館大学産業社会学部教授

藤間公太[トウマコウタ]
国立社会保障・人口問題研究所社会保障応用分析研究部室長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

児童虐待への社会的関心が非常に高まっている中で,どのような対応策が求められているのだろうか.児童相談所が保管する虐待相談記録をもとに,さまざまな領域の研究者が分析して,現場との橋渡しをおこなう.そのうえで,多職種連携のあり方や制度的基盤の改善策を提示する.