障害学―理論形成と射程

個数:

障害学―理論形成と射程

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月11日 23時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 294p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130511278
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C3036

出版社内容情報

障害をめぐるさまざまな考え方や論争点、成果と課題についてわかりやすく解説し、日本における「障害学」の可能性を探る。

内容説明

障害とは個人ではなく社会に存在する。「障害の社会モデル」、ディスアビリティとインペアメント、障害者運動の歴史、障害理論をめぐる論争と日本における展開―長い運動と思索のなかから生み出された障害学とは、どのような思想と実践なのか。障害学の思想を学ぶ人のための書き下ろし。

目次

序章 障害学の理論視角
1章 障害学を担うのは誰か?
2章 障害学とリハビリテーション学―ICFをめぐる論争
3章 マイノリティ・モデルと普遍化モデル―アーヴィング・ゾラの障害学
4章 社会モデルの広がりと再編―イギリス社会モデルの展開
5章 「障害」の政治と障害学―マイノリティ・モデルの展開
6章 障害学の課題―日本における論争点

著者等紹介

杉野昭博[スギノアキヒロ]
1956年東京都生まれ。1981年大阪大学大学院修士課程修了(文化人類学)。1983年大阪府立盲学校教諭。1990年ロンドン大学大学院(LSE)修士課程修了(Social Policy)。1992年関西大学社会学部専任講師。1997年ロンドン大学大学院(LSE)博士課程修了(Ph.D.)。関西大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

YASU

1
障害学の画期的特色といえる社会モデルについて詳しい.フェミニズムやリハビリテーション学からの社会モデル批判も突っ込んで解説.さらにイギリスとアメリカそれぞれの障害学の源流にまでさかのぼっての詳細な論及は,いまに至ってもとても貴重だと思う.2021/05/19

まあい

1
良い本。英米の障害学理論(および障害運動)の分かりやすい概説書。アーヴィング・ケネス・ゾラの「健康至上主義」批判や「障害の普遍化」モデル、マクロの社会とミクロの臨床をつなぐ「制度論」レベルの重要性など、印象深い議論がまとまっている。「障害を特徴としてとらえる」ならば、高齢者なども障害者と同種の困難を抱えていると言える、それゆえ障害者運動は高齢者などと連帯可能だ――という「障害の普遍化」モデルに思考を触発された。2018/04/28

オフィス派の宇宙図

0
インペアメントを社会モデルに入れる理論が他書より詳しく書かれていてよかった2012/12/21

saku_taka

0
理論的な背景をおさえるにはよいと思う。もっと難しいかと思ったけど,そうでもなかった。2010/01/17

sabato

0
圧倒的なその理論整理。頭が爆発しかけた。2009/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/178010

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。