社会が現れるとき

個数:

社会が現れるとき

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2018年07月19日 18時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 409p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784130501927
  • NDC分類 361.04
  • Cコード C3036

内容説明

“社会”が存在すること、への疑い。社会学の中心には、社会がごく自然に存在してしまうことへの違和感や驚きがある。現在の社会学は何を、どのように論じているのか?―気鋭の研究者たちによる現代社会学の最前線。

目次

「都市」をあることにする
空間の自由/空間の桎梏―都市空間への複数のリアリティ
近代日本における地位達成と地域の関係―戦前期生まれ著名人の中等教育歴が語るもの
「商売の街」の形成と継承
誰が自治体再編を決めるのか―「平成の大合併」における住民投票の再検討
「素人」の笑いとはなにか―戦後日本社会とテレビが交わるところ
でも、社会学をしている
社会が溶ける?―日韓における少子高齢化の日常化とジレンマ
境界としての「思想」―歴史社会学的試論
想像のネットワーク―シベリア・極東ユダヤ人におけるアイデンティティのアウトソーシング
映画に社会が現れるとき―『ステラ・ダンス』(1937)の言語ゲーム
自己産出系のセマンティクス―あるいは沈黙論の新たな試み
社会は現れる―一つの解題として

著者等紹介

若林幹夫[ワカバヤシミキオ]
早稲田大学教育・総合科学学術院教授

立岩真也[タテイワシンヤ]
立命館大学大学院先端総合学術研究科教授

佐藤俊樹[サトウトシキ]
東京大学大学院総合文化研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

社会がごく自然に存在してしまうことへの疑いと驚き.社会の現れはどのように経験され,思考され,人びとの行為や関係と結びついてゆくのか.そこに立ち止まることから始まる社会学的な問いは,多様な研究対象や分析方法へとひろがる.研究の最前線を示す新しい社会学論集.

はじめに――「社会が現れるとき」と「社会学(のようなもの)が現れるとき」



1章「都市」をあることにする(若林幹夫)

1 「都市」をめぐる三つの言葉

2 「都市」という概念

3 「魚」はどう存在するか(あるいは、存在しないか)

4 「都市」はどのように社会的か

5 「大都市」――大きさの社会性

6  同時代的問題としての「都市」

7 「都市」をあることにする



2章 空間の自由/空間の桎梏――都市空間への複数のリアリティ(西野淑美)

1  都市の空間と社会

2 「地域」という括りのレリヴァンス

3 「都市生活」が反転するとき

4 「地域移動」をめぐるリアリティ

5 「社会」の現れ方の非均質性



3章 近代日本における地位達成と地域の関係――戦前期生まれ著名人の中等教育歴が語るもの(中村牧子)

1  問い――「著名人」はどこで生まれたか

2  なぜ中等教育に注目するのか

3  中学校教育の地域間格差

4  エリート著名人を生み出す教育の仕組み

5  エリートの出自と活躍領域の分化

6  非エリート著名人を生み出す教育の仕組み

7  戦前期日本社会の「階層構造」のすがた



4章「商売の街」の形成と継承――(五十嵐 泰正)

1  はじめに――アメ横というアポリア

2  アメ横における「歴史の不在」

3 「アメ横商法」とエスニシティをめぐる視線の交錯

4 変わり続ける「商売の街」

5 「商売の街」を継ぐということ



5章 誰が自治体再編を決めるのか――「平成の大合併」における住民投票の再検討(砂原庸介)

1  はじめに

2 「平成の大合併」における住民投票の位置づけ

3  住民投票の分析

4  おわりに



6章「素人」の笑いとはなにか――戦後日本社会とテレビが交わるところ(太田省一)

1  はじめに

2  テレビ東京から見る戦後

3 「素人」という鉱脈

4 社会的存在としての「素人」

5  おわりに



7章 でも、社会学をしている――(立岩 真也)

1  それでも社会学をしていると思う1

2  そう思う2――社会の分かれ目について

3  社会的、はパスした

4  もっとよくできた話も結局パスした

5 代わりに

6  ポスト、もパスした

7 戻って、素朴唯物論は使えるかもしれない



8章 社会が溶ける?――日韓における少子高齢化の日常化とジレンマ(相馬直子)

1  少子高齢化の日常化

2  少子高齢化社会があらわれるとき――少子高齢化社会におけるケアをめぐる問い

3 日韓社会の対応

4 「よさ」のコンセンサスなきジレンマ

5  二重化される課題と新たなケアワークの発見――ダブルケアがあらわれる瞬間

6  おわりに



9章 境界としての「思想」――歴史社会学的試論(遠藤知巳)

1 「思想」――弱化と分散

2  思想研究は何をしているか

3 「社会思想」と社会学――隠れた相互依存

4 「思想」の言説史へ

5 一九世紀西欧(1)――「思想」の実体化と発展史観

6 一九世紀西欧(2)「真理」の分立と潜在的相対化

7  日本社会と「思想」



10章 想像のネットワーク――シベリア・極東ユダヤ人におけるアイデンティティのアウトソーシング(鶴見太郎)

1  共同体のアナロジーを超えて

2  相補的ハイブリッド性

3  シベリアのシオニスト

4  ハルビンのシオニズム

5  むすび



11章 映画に社会が現れるとき――「ステラ・ダラス』(一九三七)の言語ゲーム(中村 秀之)

1  映画の解釈という言語ゲーム

2  フェミニズム映画理論の「女性観客」

3  スタンリー・カヴェルの「普通の人間」

4  〈階級の顕な傷〉と映画の身体



12章 自己産出系のセマンティクス――あるいは沈黙論の新たな試み(佐藤俊樹)

1  自己産出系論の公理系

2  理解社会学の二つのモデル

3  自己産出系の syntax との対応

4  制度の挙動をとらえる

5 「行為の意味を理解する」ことの定式化

6  ベイズ統計学の枠組み

7 行為の意味を推定する

8  解釈度を変数としてあつかう

9 自己産出系と解釈度

10  意味を「分布」としてあつかう

11 沈黙を測る



社会は現れる――一つの解題として(佐藤俊樹)



How We Meet Society?

Mikio WAKABAYASHI, Shin’ya TATEIWA, and Toshiki SATO, Editors



若林 幹夫[ワカバヤシ ミキオ]
編集

立岩 真也[タテイワ シンヤ]
編集

佐藤 俊樹[サトウ トシキ]
編集