都市コミュニティの磁場―越境するエスニシティと21世紀都市社会学

個数:

都市コミュニティの磁場―越境するエスニシティと21世紀都市社会学

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 296,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130501552
  • NDC分類 361.78
  • Cコード C3036

目次

都市社会学研究の一つの道程
1 ゆらぎの都市社会学と二一世紀への戦略設定(都市と都市社会学にとっての一九九〇年代―二〇世紀システムと二一世紀システムの間;都市的世界/コミュニティ/エスニシティの多層空間―ワールド・パースペクティブ)
2 周辺世界の大都市インナーシティを最前線として(外国人居住者を受容するインナーシティ・コミュニティ;共生と隔離をめぐる社会学的実態―“池袋”の自画像をいかに描くか;「越境」アジア系ニューカマーズ調査の方法と問題群―リアリティの捉え方)
3 再構築される都市コミュニティ(都市コミュニティの再定義―より大きな都市コミュニティの枠組みへ;制度と実態のはざまにゆらぐサバーバニズム―先行するフィラデルフィア大都市圏の事例;都市エスノグラフィの新しい読みと発見―ホワイト『ストリート・コーナー・ソサエティ』からアンダーソン『ストリート・ワイズ』へ ほか)

著者等紹介

奥田道大[オクダミチヒロ]
1932年東京に生まれる。1955年東洋大学文学部社会学科卒業。1959年東洋大学社会学部専任講師。同助教授等を経て、1973年立教大学社会学部教授。1993年中央大学文学部社会学科教授。2003年同退職。現在、立教大学名誉教授、中央大学社会科学研究所客員研究員、社会学博士。著書に『都市コミュニティの理論』(東京大学出版会、1983、日本都市学会奥井復太郎賞受賞)などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「世界都市化」「グローバル化」の80年代以降,池袋・新宿のアジア系外国人調査やボストン,フィラデルフィアの都市エスノグラフィの事例分析から,ワールドワイドに越境するエスニシティに注目し,ポストメトロポリス段階の大都市インナーシティを磁場とする21世紀都市社会学を構想.