現代演劇のフィールドワーク―芸術生産の文化社会学

現代演劇のフィールドワーク―芸術生産の文化社会学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 424,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130501439
  • NDC分類 770
  • Cコード C3036

内容説明

芸術はビジネスになりうるか?パトロン付きの芸術家に真に自由な表現は可能か?演劇がつくられるさまざまな「現場」での徹底した取材を通して、近代芸術成立以来の難問に挑む。斬新な視点と手法で現代社会におけるフィールドワークの可能性を示し、文化社会学の新境地を切り開く野心作。

目次

第1部 小劇場ブームから文化行政ブームへ(サクセス・ストーリーのてんまつ―ビジネス化の可能性と限界;新たな物語のはじまり―被助成化の可能性と限界)
第2部 演劇界の誕生・演劇人の誕生(演劇界の誕生―業界化;劇団制のゆらぎとオルタナティブの模索―多様化;演劇人の誕生―プロ化)
第3部 文化産業システムの可能性(結論―制度化と独創性のディレンマを越えて)

出版社内容情報

〈芸術はビジネスになりうるか?〉〈パトロン付きの芸術家に真に自由な表現は可能か?〉演劇がつくられるさまざまな「現場」における丹念なフィールドワークを通して,近代芸術成立いらいの難問に挑んだ野心作.斬新な視点と手法で文化社会学の新境地を切り開く.