丸山眞男講義録〈別冊1〉日本政治思想史1956/59

個数:

丸山眞男講義録〈別冊1〉日本政治思想史1956/59

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年01月23日 17時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 280p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130342087
  • NDC分類 311.21
  • Cコード C1331

内容説明

日本の思想的伝統を剔抉。戦後10年の問題状況を背景とした50年代後半の講義を復元する。古代へと視野を広げた講義は、記紀神話、仏教、武士道を論じ、近代日本の国体思想の源流を求めて壮大な通史を描く。国民精神のトータルな変革をめざした丸山思想史学の新たな出発。

目次

第1章 神国思想の端初的形態
第2章 鎮護国家と末法思想
第3章 武士階級の意思(観念)形態
第4章 徳川封建体制と儒教思想
第5章 町人道と「心学」の発展
第6章 国学の思想的特質

著者等紹介

丸山眞男[マルヤママサオ]
1914年大阪に生れる。第一高等学校をへて、1937年東京大学法学部卒業。1950年東京大学法学部教授。1971年退官。1973年プリンストン大学より名誉文学博士号、ハーバード大学より名誉法学博士号を授与。1974年東京大学名誉教授。1978年日本学士院会員。1996年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

刊行の辞(平石直昭・宮村治雄・山辺春彦)

はじめに(平石直昭・山辺春彦)

凡例

ヨーロッパ思想史との基本的違い(まえおき).参考文献

第一章 神国思想の端初的形態

第二章 鎮護国家と末法思想

第三章 武士階級の意思(観念)形態

第四章 徳川封建体制と儒教思想

第五章 町人道と「心学」の発展

第六章 国学の思想的特質

解説(平石直昭・山辺春彦)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件