政治を動かすメディア

個数:
  • ポイントキャンペーン

政治を動かすメディア

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2017年12月16日 16時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784130331074
  • NDC分類 070.14
  • Cコード C1031

内容説明

メディアはナショナリズムやポピュリズムの防波堤たりうるか?新聞=明治デモクラシーからネット・SNS=平成デモクラシーまで、メディアと政治との関係、政治におけるジャーナリストの役割について考える。

目次

総論 現代民主政とメディア(「世論の支配」とメディア;現代民主政の歴史性)
各論 政治のプレーヤーとしてのメディア(政治過程への影響;政治思潮への影響;記者の実相;ニュースの現場)
座談会 メディアは政治にどう関わるか―ジャーナリズムとアカデミズムの対話(佐々木毅・曽根泰教・谷口将紀・芹川洋一)

著者紹介

芹川洋一[セリカワヨウイチ]
1950年熊本県に生まれる。1975年東京大学法学部卒業。76年同新聞研究所修了。日本経済新聞社政治部長、論説委員長等を経て、現在、論説主幹

佐々木毅[ササキタケシ]
1942年秋田県に生まれる。1965年東京大学法学部卒業。同助手、助教授、教授、東京大学総長等を経て、日本学士院会員・東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

メディアと政治の関係、政治のプレイヤーとしてのジャーナリストの役割など、日本経済新聞の論説主幹が鋭く切り込む。メディアはナショナリズムやポピュリズムの防波堤たりうるのか.新聞=明治デモクラシーからネット・SNS=平成デモクラシーまで,メディアと政治との関係,政治におけるジャーナリストの役割について考える.マスコミ志望者・メディア関係者必読の書.

総論 現代民主政とメディア

 1 「世論の支配」とメディア

 2 現代民主政の歴史性



各論 政治のプレーヤーとしてのメディア

第1章 政治過程への影響

 1 新聞の影響力

 2 雑誌の影響力

 3 テレビの影響力

 4 ネットの影響力



第2章 政治思潮への影響

 1 ナショナリズムの培養装置

 2 ポピュリズムを呼びおこす道具

 3 新聞リベラリズムの系譜



第3章 記者の実相

 1 職業としての新聞記者

 2 歴史としての政治記者

 3 生き物としての新聞記者



第4章 ニュースの現場

 1 モデルと現実

 2 選挙を変える

 3 メディアが変わる

座談会 メディアは政治にどう関わるか――ジャーナリズムとアカデミズムの対話(佐々木毅・曽根泰教・谷口将紀・芹川洋一)<br>



How the Media Sways Politics

Yoichi SERIKAWA and Takeshi SASAKI

芹川 洋一[セリカワ ヨウイチ]
芹川 洋一
芹川洋一:日本経済新聞社論説主幹

佐々木 毅[ササキ タケシ]
佐々木 毅
佐々木毅:日本学士院会員/東京大学名誉教授

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件