地中海都市―人と都市のコミュニケーション

個数:

地中海都市―人と都市のコミュニケーション

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 353p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130265003
  • NDC分類 236
  • Cコード C3025

出版社内容情報

グローバル市場の競争に勝ち残ろうとする現代都市,それは魅力的な都市なのだろうか? 本書はポスト・フォーディズム時代に,大都市化する都市に対して,歴史と人びとの知恵によって,魅力的な都市であり続けている地中海都市を渉猟し,新時代の都市のあり方をめぐって新たな都市論を展開する.

目次

地中海から現代都市を問う―俗都市化の陥穽を超えて
1 タラゴナ―古代ローマの都に積もる時間(都市空間に刻まれた編集の履歴―タラコとタラゴナの対話;時空を繋ぐ都市の建築―市民の財産としての遺構結ばれる物質世界と心象世界―都市イメージを創造する人びと)
2 カリアリ―地中海の十字路に生きる都市(開かれたロカリティの世界―サルデーニャ島カリアリの都市文化;街路と広場に紡がれる文化―日常性のなかで共有される経験;聖なるものが運ぶ土地の縁―舞台の向こうに広がる世界)
3 サンティアゴとセビリャ―カトリックとイスラームの遺産(古い都市の器を使う知恵―巡礼都市サンティアゴ・デ・コンポステラ;交差する歴史都市の知覚と表象―多面体としての都市の凝集力;都市をわがものとする迷路の経験―地中海と大西洋に開かれたセビリャ)
4 共同空間がいきる地中海都市―人と都市を繋ぐ政策実践(「らしさ」を支える舞台づくり―商都再生に向けたレウスの政策選択;事業者がつくる界隈―カンブリルスの歴史地区と港地区;進化するニュータウン―更地から生まれたアルボレアとカルボニア)
地中海から開く都市論の地平―時空の交わりから構想する都市

著者等紹介

竹中克行[タケナカカツユキ]
東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学、博士(学術)。現在、愛知県立大学教授/地理学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。