精神医学の科学と哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 219,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130141819
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C3310

出版社内容情報

人びとは精神障害にどう向き合ってきたのか――その哲学的な基礎を探究するシリーズ。【全3巻/第1回配本】精神障害の分類と診断が難しいなか,哲学や精神医学は精神障害とどのように向き合うのか.思考吹入や妄想についての哲学的考察に加え,現象学的精神病理学や精神分析の現状,そして現代の精神医学のさまざまなアプローチの到達点を総観する.【シリーズ全3巻/第1回配本】

第1章 総論――精神医学の科学と哲学(石原孝二)



第1部 精神医学と哲学

第2章 思考吹入と所有者性(信原幸弘)

第3章 妄想の形成と維持――二要因理論と予測エラー理論(宮園健吾)

第4章 現象学と精神病理学(トーマス・フックス/田中彰吾訳)

第5章 精神分析の実践と思想(立木康介)



第2部 精神医学の科学論

第6章 症候群としての統合失調症――生物学的研究からの再検討(糸川昌成)

第7章 ポストモノアミン時代の精神薬理学――シニシズムを超えて(黒木俊秀)

第8章 認知行動療法の基礎と展開(石垣琢麿)

第9章 生物・心理・社会モデルの折衷主義を超えて――ガミーの多元主義とヤスパースの方法論的自覚(村井俊哉)



石原 孝二[イシハラ コウジ]
石原 孝二
石原孝二:東京大学大学院総合文化研究科准教授

信原 幸弘[ノブハラ ユキヒロ]
信原 幸弘
信原幸弘:東京大学大学院総合文化研究科教授

糸川昌成:東京都医学総合研究所病院等連携研究センター長/東京大学大学院新領域創成科学研究科教授

糸川 昌成[イトカワ マサナリ]
糸川 昌成
東京都医学総合研究所病院等連携研究センター長/東京大学大学院新領域創成科学研究科教授

内容説明

精神障害の分類と診断が難しいなか、哲学や精神医学は精神障害とどのように向きあうのか。思考吹入や妄想についての哲学的考察に加え、現象学的精神病理学や精神分析の現状、そして現代の精神医学のさまざまなアプローチの到達点を総観する。

目次

総論―精神医学の科学と哲学
第1部 精神医学と哲学(思考吹入と所有者性;妄想の形成と維持―二要因理論と予測エラー理論;現象学と精神病理学;精神分析の実践と思想)
第2部 精神医学の科学論(症候群としての統合失調症―生物学的研究からの再検討;ポストモノアミン時代の精神薬理学―シニシズムを超えて;認知行動療法の基礎と展開;生物・心理・社会モデルの折衷主義を超えて―ガミーの多元主義とヤスパースの方法論的自覚)

著者等紹介

石原孝二[イシハラコウジ]
東京大学大学院総合文化研究科准教授。科学哲学、当事者研究

信原幸弘[ノブハラユキヒロ]
東京大学大学院総合文化研究科教授。心の哲学

糸川昌成[イトカワマサナリ]
東京都医学総合研究所病院等連携研究センターセンター長、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。精神医学、分子生物学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

袖崎いたる

9
ゆえあって2時間で駆け足で読む。とっても良い。医学のマズさ。これは三巻へ至る批判への道筋。要諦としては主体的ってのは意味をひと任せにしないってこと。2018/09/17

Go Extreme

2
精神医学の科学と哲学 精神医学と哲学: 思考吹入と所有者性 妄想の形成と維持―二要因理論と予測エラー理論 現象学と精神病理学 精神分析の実践と思想 精神医学の科学論: 症候群としての統合失調症―生物学的研究からの再検討 ポストモノアミン時代の精神薬理学―シニシズムを超えて 認知行動療法の基礎と展開 生物・心理・社会モデルの折衷主義を超えて―ガミーの多元主義とヤスパースの方法論的自覚2021/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11126630

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。