心理援助のネットワークづくり―“関係系”の心理臨床

個数:

心理援助のネットワークづくり―“関係系”の心理臨床

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月08日 22時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 281,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784130133029
  • NDC分類 146
  • Cコード C1011

出版社内容情報

問題を抱える人を囲む人たちが「援助するネットワーク」へと変わるためには?臨床心理士の現場での動き方をリアルに伝える。

内容説明

「心理だからできること」、いま現場から考えてみる。家族・施設・教育―1対1面接から、ひとの関係を/関係が援助する心理臨床へ。

目次

1 家族のネットワークを活かすという仕事(家族療法を取り入れた臨床実践;家族の心理援助に持ち込まれる多様なニーズ ほか)
2 児童福祉施設はネットワークづくりで決まる(心理援助のための児童福祉施設ではたらく;児童福祉施設で援助を受ける子ども・家族のニーズ ほか)
3 教育のコミュニティとネットワークづくり(学生相談という現場活動;学びの場から生まれる支援ニーズ ほか)
4 “関係系”の心理臨床とは何か―対話(この本の三つの臨床活動から―“関係系”の心理臨床について;臨床教育のあり方について―育ちのプロセスを考える ほか)

著者等紹介

中釜洋子[ナカガマヒロコ]
東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。東京都立大学人文学部、上智大学文学部助教授などを経て、東京大学大学院教育学研究科教授。博士(教育学)

高田治[タカダオサム]
東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。現在、情緒障害児短期治療施設横浜いずみ学園長

齋藤憲司[サイトウケンジ]
東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。東京大学学生相談所助手などを経て、東京工業大学保健管理センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。