日本を解き放つ

個数:

日本を解き放つ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月25日 00時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 406p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784130130974
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C1010

内容説明

空海、世阿弥、徂徠、漱石、鴎外、そして丸山、武満―世界の哲学者と対話を重ねてきた2人が、“ことば”・“からだ”・“こころ”の重要テクストを読み解きながら、“日本”を縦横無尽に語る。

目次

第1部 “ことば”を解き放つ(複合言語としての日本語―空海『声字実相義』;先人とともに哲学する―トマス・カスリス『日本哲学小史』)
第2部 “からだ”を解き放つ(受け継がれる芸―世阿弥『花鏡』;「自然」ではなく「作為」を―丸山眞男「近世日本政治思想史における「自然」と「作為」」)
第3部 “こころ”を解き放つ(近代の衝撃を受け止めた“こころ”―夏目漱石『こころ』;民衆のための学―森鴎外『大塩平八郎』)
第4部 日本から世界へ(せめぎあう異形のなかに自分を見出す―武満徹『樹の鏡、草原の鏡』)

著者等紹介

小林康夫[コバヤシヤスオ]
青山学院大学特任教授、東京大学名誉教授。1950年生まれ。専門は表象文化論、現代哲学

中島隆博[ナカジマタカヒロ]
東京大学東洋文化研究所教授。1964年生まれ。専門は中国哲学、比較哲学。主な著書に『共生のプラクシス―国家と宗教』(東京大学出版会、2011年、和辻哲郎文化賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

著名な二人の哲学者が、日本の〈ことば〉・〈からだ〉・〈こころ〉にまつわる重要テクストを読み解きながら日本の条件と可能性を語る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件