心理学研究法入門―調査・実験から実践まで

個数:

心理学研究法入門―調査・実験から実践まで

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月19日 05時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130120357
  • NDC分類 140.7
  • Cコード C3011

出版社内容情報

仮説生成のための質的研究法や,教育・臨床の現場での実践研究など,心理学研究の新しい展開を積極的に取り入れるとともに,仮説検証や統計法の適用に関する方法論的問題まで論じた本格的な入門書.研究計画,発表・論文執筆,学会,研究倫理等も具体的に説く.

内容説明

本書は、卒業研究などで初めて心理学の研究に取り組むことになる学部学生から、研究者として本格的に心理学の研究に携わっていこうという大学院生まで視野に入れて、心理学の研究法を解説したものです。多様な研究法を、研究者が現実の世界とどのような形でかかわるかという観点から、「調査研究」、「実験研究」、「実践研究」という3本の柱を立てて整理し、そこに心理学研究法の新しい流れを積極的に取り入れる構成を考えました。

目次

第1章 心理学の研究とは何か
第2章 質的調査―観察・面接・フィールドワーク
第3章 量的調査―尺度の作成と相関分析
第4章 実験の論理と方法
第5章 準実験と単一事例実験
第6章 教育・発達における実践研究
第7章 臨床における実践研究
第8章 研究の展開―研究計画から発表・論文執筆まで

著者等紹介

南風原朝和[ハエバラトモカズ]
東京大学大学院教育学研究科

市川伸一[イチカワシンイチ]
東京大学大学院教育学研究科

下山晴彦[シモヤマハルヒコ]
東京大学大学院教育学研究科
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。