西洋美術の歴史〈1〉古代―ギリシアとローマ、美の曙光

個数:
  • ポイントキャンペーン

西洋美術の歴史〈1〉古代―ギリシアとローマ、美の曙光

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年12月15日 23時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 656p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784124035919
  • NDC分類 702.3
  • Cコード C1370

内容説明

ギリシア・ローマ美術は後世、美の「古典」とされ、時代と地域を超えて憧憬の的となった。けれど作られた当時、それらは美しいだけでなく、篤い崇敬を集める信仰の対象であり、神話と歴史の語り部であり、計算された政治メディアでもあった。神に捧げる完璧な肉体の表現を極めたギリシア美術、多様な人々に向け幾重もの意味を担ったヘレニズム美術、皇帝顕彰の彫刻が帝国各地で作られたローマ美術…西洋美術の歴史がここに始まる。

目次

序章 エーゲ海文明の記憶
第1章 ギリシア美術の曙
第2章 ギリシア美術の栄華
第3章 ギリシア美術の変容
第4章 帝国美術の形成
第5章 帝国美術の拡大と変容
第6章 東方のヘレニズム美術

著者紹介

芳賀京子[ハガキョウコ]
1968年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、東北大学大学院文学研究科准教授。専門はギリシア・ローマ美術史。著書に『ロドス島の古代彫刻』(中央公論美術出版、2006年、第12回地中海学会ヘレンド賞)など

芳賀満[ハガミツル]
1961年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。博士(文学)。現在、東北大学高度教養教育・学生支援機構教授。専門はユーラシア大陸考古学、高等教育論。ウズベキスタン共和国学術アカデミー考古学賞受賞(2011年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ギリシア彫刻の誕生/裸体美への情熱/パルテノン神殿/ヘレニズム美術/ミロのヴィーナス/拡大するローマ帝国/トラヤヌスの記念柱/カラカラ浴場/ポンペイの壁画