中公文庫<br> ワルキューレ―巡査長真行寺弘道

個数:
電子版価格 ¥902
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
ワルキューレ―巡査長真行寺弘道

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月12日 20時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 431p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122067233
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C1193

出版社内容情報

元モデルで聾唖だという17歳の少女・麻倉瞳が誘拐された。彼女の母親は、評論家デボラ・ヨハンソンの秘書を務めているだけでなく、レズビアンであるデボラのパートナーでもあった。母娘とデボラは同居しており、瞳はデボラのことを「ママ」と呼んでいる。

誘拐犯の要求は、フェミニズムの論客であるデボラに対し「これまでの主張がすべて間違いであったと認め、今後一切の活動を停止しろ」というものであった。出世を拒否し、53歳で警視庁捜査一課のヒラ刑事である真行寺弘道巡査長は、元捜査一課の刑事で現在は杉並署に異動している同期の四竈とともに、捜査を始めるが――。


「このミステリーがすごい! 2019年版」(宝島社刊)で評論家や翻訳家に注目されたニュータイプの警察小説シリーズ、待望の第3弾!

内容説明

モデル事務所に所属していた十七歳の少女・麻倉瞳が誘拐された。五十代ながら捜査一課ヒラ刑事の変わり種・真行寺弘道は、評論家デボラ・ヨハンソンの秘書を務める瞳の母に接触。鑑取りの結果、誘拐犯の標的はデボラであり、その要求が前代未聞のものであることがわかったが―。最注目の警察小説シリーズ、待望の第三弾!

著者等紹介

榎本憲男[エノモトノリオ]
1959年和歌山県生まれ。大学卒業後、西武セゾングループの文化事業部、その後東京テアトルにて映画事業に携わる。劇場支配人、番組編成担当、プロデューサー等を務め、退社。2011年、監督デビュー作『見えないほどの遠くの空を』が公開されるとともに、同作の小説を執筆。16年『エアー2・0』が大藪春彦賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みやこ

65
このシリーズは警察小説という概念を捨てて読んだほうがいい。政治→宗教→LGBT等とシリーズごとに取り扱うテーマの知識の深さと周知の仕方のうまさに唸る。俺は俺であり私は私である。個は個としての幸せを追求する権利があり、何が幸せかを決めるのは本人。他人がそれを決めつけるのは傲慢だよね。すべての個の幸せを保証する仕組が構築された社会が理想だけど、万人にピタリと当てはまる仕組を築き上げることは難しい。事件解決に毎回裏技的手段が使われるのは突っ込みどころだけど、エンタメだと思えば無問題。そんな彼らの関係性が好き。→2022/02/19

mittsko

15
真行寺シリーズ第三弾! 今回も安定の面白さ…(*´ω`*) ハラハラドキドキを楽しんで、時代が抱えこんだ深刻な「矛盾」のあり様を見せつけられ、人間と社会と歴史の定義までグラリぐらつかせられる… 得がたい娯楽小説ですね。今回真行寺が巻き込まれるのは、フェミニズムからLGBTQ、身体障がい、そして生殖医療までを貫く「陰謀」だ。さて謎はどのように解明され、問題はどのように解決されるのか、されないのか… 心して、そして素直に愉しんで読むべし!2019/05/07

みきりん

12
今回も面白かった。ところどころにパロディのようなものがあって笑えた。続編がある事を期待します。2019/06/23

hiyu

10
フェミニズムの論客である女性の娘の誘拐から始まる。音楽の話など少々以上についていけないところがあるのだが、とにかく盛りだくさん。人とは性とは何か等々。しかし、決して不快なものではなく、むしろ頭を捻らせてくれるところが気持ち良い。2019/07/27

tmctmhs

10
シリーズ第三弾。そもそもこのシリーズが通俗的な警察小説の体を取ってること自体が、ネタ的には最高に面白いけどセールス的・批評的にもったいないなとか余計な心配をしてしまう。 「エアー2.0」でほとんど小説の最大スケールまで行ってしまった作者が次にどうするのかと思ってたら、このシリーズも同じくいつの間にか小事が大事になる話。しかも毎回違うテーマで、ちゃっかり時事も入れて(小久保さんて笑)。 政治、宗教ときて今回は種としてのヒトそのものが主題。+社会か。ここまで来たら宇宙に至るまであらゆるテーマで続いてほしい。2019/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13634396

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。